シーバスのリーダーのおすすめ厳選2!種類や結び方も同時に解説

シーバスラインリーダー結び方
シーバス釣りでリーダーの結び方は結構重要な要素になってくるのはご存知の通り。

一般的にもっとも実用がされている結び方と、時々青物もかかる磯でのシーバス狙いのときに役立ち、さらには強くて結びやすい夜の釣行時にポイントでも結べる簡単で頑丈なシーバスに適したラインとリーダーの結び方を、それぞれ重要と思われるポイントを添えて解説するとともに、おすすめのショックリーダーをご紹介します。

シーバスでリーダーの必要性

シーバスでも今や釣り糸はPEの全盛期です。PEラインの性質上縦の直線強度については強くても、水中のストラクチャーなどの障害物に触れたりしたときの横からの衝撃にはどのラインよりも弱く、ほんのちょっと擦れただけでいとも簡単に切れてしまいます。

しかもフッキングしてから、反対側に走ったり、エラ洗いをするシーバスはその確率が高くなります。

そのためにも、ライン先端部分に横からのショックを吸収し受け止められだけの強度を持ったリーダーが欠かせません。

シーバスのリーダーの種類

リーダーにはさまざまな素材でできた種類がありますが、現在シーバスではフロロカーボンとナイロン製のものが多用されています。

フロロカーボン

フロロカーボンは比重が重く、水の中でよく沈みます。横から擦れに強くもっとも強度があり、まっすぐの力でも伸びにくく感度がいいのも特徴です。

ナイロン

ナイロンはフロロに比べて比重が軽く、若干水に浮きゆっくり沈みます。また直線での伸縮がよく少し伸びるため、その特性を生かして食いが弱い時期や状況なのでミスフッキングを防いだり、トップウォーターなどでラインを少し送ってやる必要があるときに用いるなどフロロとの使い分けができます。

シーバスリーダーの長さ

シーバスに適切なリーダーの長さはおおよそ60cm~70cmと言われています。先にお話しした通り、60cmを超える個体がエラ洗いをして水面から飛び出してきたり、水中でターンしたときをご想像ください…。その理由がわかります。

ライトソルトで多用されるような30cmくらいでは短すぎます。、まったく意味をなさないとまで言いませんが、リーダーなしの状態とあまり変化がないと思ったほうがいいでしょう。

根の粗い水深のあるポイントの場合

しかしこのリーダーの本来の役割を果たすためには、シーバスを釣るフィールドの状況に合わせる必要もあります。

例えば沖堤防からの岸壁ジギングや、根の粗いサーフや地磯を横に通してくる場合です。そのような場合には、水深やゴツゴツとした地形に合わせてリーダーの長さを1ヒロとか長めに取ります。

リーダーの太さについては下記のページをご参照ください。


シーバスに最適なリーダーの結び方の条件

釣行時に根ズレやエラ洗いによるラインブレイクが起こるのは、釣行回数が多くなれば多いほどその確率も上がり、ポイントについてからランガンしている最中に結び直すことも思いのほか頻繁に起こります。

またターゲットであるシーバス自体も30cm前後のセイゴ、フッコクラスならまだしもその個体は70cm以上もあるランカーシーバスが掛かることも十分ありえますから、それらの重たい魚の動きに追従する強靭さもさることながら、感度や操作性を損なわない繊細さも必要です。

もっとも汎用性が高いFGノット

一度覚えておくと簡単!

⓵利き手の反対の手の人差し指と小指にそれぞれ5~7回ほどPE本線を巻き付ける
⓶PEを巻き付けた手のほうにPEの輪っかができる。この輪っかにリーダー編み込んでいく
⓷リーダーを下から上へ1回、PEを巻き付けた手の手首をひねって下からリーダーを1回通しまた手首をもどす。これを10回ほど繰り返す。
⓸PE支線を巻き付けていた手指からPEをほどいていPEとリーダーの網目を強く締め込み押さえておく
⓹PE本線とリーダーの端を抱き合わせPEの支線(端糸)で外掛け結びで仮留めする。
⓺PEの結び目を湿らせ、PEの支線(端糸)を口で噛んで、PE本線とリーダーを3方向に均等に締めつける。
⓻さらに外掛け結びを2回、しっかり結びとめる。
⓼リーダーを結び目に合わせ3~5ミリ程度残してカットする
⓽リーダーの先をライターで溶かし指で押さえてコブを作る
⓾リーダーのコブと編み込んだPEの隙間を埋めるように支線(PE端)で外掛け結びを2~3,4回ほどする。
11)PE本線を結ぶ。支線(PE端)で本線にハーフヒッチを7~8回結ぶ。このとき上から下へ、下から上へを繰り返す。
12)最後にダブルハーフヒッチでしっかり留める。                 

シーバスに限らず、アングラーにいちばん使われている結束方法。ライトジギングとかでもいける。

自分はPEラインを使い始めたときに、まず覚えたのがFGノットではあったが何度かやってみたけどどれも安心できる結び方にならなかった経験がある。

でもこの動画を見てからというもの、すっぽ抜けしなくなった。

リーダー側の最後に”コブ”をつくって締め付けるところが普通のFGノットよりも「スッポ抜け対策」に

優れていると思う。

シーバスのような50cm~1m級のサイズの魚をかけるのならこの辺の結び目の処理の仕方は大事になってくる。

このDUELの松岡氏の解説する動画で、FGノットをできるようになった人はけっこういるはず。再生回数が半端ない!

ただ同じFGノットでも結び方や手順など、人それぞれ違う。どれが一番簡単でどれが強いとかいうのはやってみた本人の結局主観的な判断でしかない。この動画とともに、簡単で分かりやすいと評判の動画にシマノのサーフでの釣りを主にするプロアングラーの堀田氏のFGノットもある。どちらがいいかはホント好みによる。

自分の釣り方や好みにもっともあった結び方を選ぶことが釣果につながりやすいと思います。

より強力な結び方ミッドノット

摩擦力を発生させ強力な力を生むパワーのあるキャスティング向き

⓵リーダーの端を口にくわえて、スプール側をピンと張っておきます。
⓶あらかじめ長めに余裕を持たせたPEラインが滑らないように、指に二回ほど巻き付け絡めておく
⓷PEの端をスプール側にたらしておく
⓸PEをリーダーに上から下へ隙間を開けながら、20回ほど巻き付けていく
⓹今度はさっき作った隙間を埋めるように巻き付け下から上へ折り返す
 ※ここが一番むずかしいのだがこちらの動画→がわかりやすい。隙間を埋めながら折り返すところから。
⓺PEの端でリーダーをハーフヒッチで留める
⓻PEとリーダーの本線を引っ張りしっかりと絞め込む
⓼PEの端で、PE本線とリーダーの支線(端糸)を8回ハーフヒッチで留める
 ※飛距離優先では同じ方向に、強度優先では上から下からと交互にハーフヒッチ
⓽リーダーの端糸をカット
⓾PEの端をハーフヒッチで留めて、リーダーの切り口がPEを傷つけるのを防ぐ

FGノットがリーダーにPEを編み込むのに対して、これは巻き付けて摩擦力を発生させるタイプ。
より強いパワーにも耐えうる強力さを有している。リーダーを結ばないので結びコブがなくガイド抜けが良く飛距離が出やすいのが特徴。

シーバスだけでなくシャアからオフショアのジギングにも耐えうる結び方です。磯がらみのサーフや、磯ヒラ狙いのどちらかというと大場所でのランカーシーバスに向いています。
不意の青物など大きな引きにも十分対応してくれる強度を持っています。

自分が使い分けしているおすすめの結び方を2通りご紹介しました。

最後に、時々結び方を教えると、そんな結束方法では「すぐにすっぽ抜けてしまった」とか言われることもあるが、
ラインとリーダーをきれいに手順にそって丁寧にしっかりと結んでおきさえすれば、横スレでもしない限りラインブレイクはおろか、スッポ抜けなんてそうそうするものではない。

基本に沿って、どの結び方でも

ひとつひとつの工程をちゃんと丁寧に結んでおくことがいちばん「強く結ぶ」方法

だということを覚えておいてほしい。

シーバスおすすめリーダー

シーバス釣りに使用されるリーダーは数多くのメーカーから発売されていますがこれまでにいろいろ使ってみたものの下記に紹介するものに最終的に落ち着きました。体験を基にした厳選2つのおすすめリーダーをご紹介します。

シーガー プレミアムマックスショックリーダー
近所の釣具屋さんのリーダーのコーナーでも一番目立つ場所に置いてあり店員さんに聞いても「最も売れてる」と豪語するソルトウォーターの中では一押しのリーダーです。強度と汎用性、使い勝手と料金に対してのお値打ち感などすべてがバランス良く整っています。

バリバス VEP ナイロン ショックリーダー
シーバス釣りで極寒期などのハイプレッシャーな場面で”当たるけど乗らない”状況下では甘噛みですぐにアワセを入れずに一瞬だけラインを送りますが、その役割を果たすのが「伸びるナイロンリーダー」です。

またポッパーやペンシルを使った水面にルアーを浮かせるシーバスゲームでは沈んでしまうフロロよりも水面に浮くナイロンの方がルアーの姿勢を保ち操作もしやすくトップルアー本来の動きを損ないません。

フレッシュウォーター用のナイロンリーダーを海水で用いると劣化がしやすくなりますがこれはソルト用に独自のVEP製法によってナイロン特有の伸縮性とリーダーであるべき強度を融合させたもので、ソルトでナイロンリーダーと言えばこれしか思いつかないほどおすすめです!