チヌ(クロダイ)の酒蒸し、磯の香りと日本酒が相性バツグン!癖になるお手軽贅沢料理レシピ

チヌ(クロダイ)ず魚の酒蒸しは大人の贅沢!ちょっとした工夫で意外なほど高級感を醸し出してくれる一品のレシピ公開します。

チヌ(クロダイ)料理酒蒸し
最初のひと手間で臭みぬきが肝心
簡単で意外な高級感が◎!レッツチャレンジ!

↓頭とカマの部分の割り方はこちらを参考にどうぞ↓

» 頭の割り方 «


チヌ(クロダイ)の酒蒸しのレシピ

■準備するもの
/一人前
・頭(カマ付) 片身
・豆腐 1/4
・しめじ 適量
・白ネギ 適量
・昆布 5㎝各くらい
・薬味 もみじおろしと刻みネギ


チヌ(クロダイ)料理酒蒸し下準備
頭とカマの部分は裏返しにして軽く振り塩をして、5~10分間しばらく置きます。
塩の浸透圧で余分な水分と臭みを逃すのが目的です。

臭みが気になるひとはより美味しくいただけるので手を抜かずに必ず行って下さい。

5~10分間後に流水にさらして塩をはらいます。
塩も振り過ぎず少量に気を付けます。下味をつけるのではなく余分な水分と臭みを抜くのが目的です。

先に蒸し器を用意し水を入れて沸騰するまで熱しておきます。

次に蒸し器に入る大きさの器を用意し、
酒で湿らして伸ばした昆布を器に敷きます。

そう昆布はお酒で一度軽く延ばしておいて食材全体の底部分は昆布で隠すようにするのが美味しくするコツ。
昆布のうま味がチヌにも乗りやすくなります。

チヌ(クロダイ)料理酒蒸し
昆布の上にチヌとその他食材を並べ、蒸し器に入れます。
だいたい、一人前だと10分~20分程度蒸します。

見た目で火のとおり加減を見極める目安は、魚の目が白く濁ったらだいたいOK
そこで鉄くしを刺してみて先を口の下に当てて中の温度を確かめます。
熱いと感じたら火が通っているのでここで終了。

chinusakamusi
とっても簡単ですよね!!

もみじおろしと刻みネギを薬味として添えてポン酢ですすめてください。

もちろんポン酢も上質なものが◎、味を引き立ててくれます!