チヌ(クロダイ)の薄造りで日本酒や焼酎が足りなくなる!新鮮料理レシピ

チヌ(クロダイ)料理薄造り
鮮度がいい釣りたてのチヌ(クロダイ)とかならぜひ一度は試してほしいクイッとお酒もすすむちょっとした豪華料理、薄造り。フグのお刺身までとはいきませんがこれまた絶品の味わいを楽しめるチヌ(クロダイ)の料理の筆頭格のレシピをどうぞ!


少し手を加えて、切るときにいつもより少しだけ薄くそぎ切りにするとごはんのおかずはもちろん、お父さんの酒の肴にはぴったりのチヌの薄造りが完成します。冷酒や焼酎といっしょに頂くのは最高の贅沢^^

まずはお刺身やカルパッチョと同じ要領で皮をひきます。
皮の引き方(剥ぎ方)はこちらのページでご説明しています▼

チヌ(クロダイ)の薄造りレシピ

用意するもの
・チヌ(クロダイ) サク取りして皮を引いたもの
・ひいた皮の湯引き
・もみじおろし(大根おろしと一味でできます。) 適量
・刻みねぎ 適量
・ポン酢

皮の湯引きの仕方

鍋に1/3ほどのお湯を沸かし、ボールにキンキンの氷水を用意します。

チヌ(クロダイ)料理薄造り
身から引きはがした皮をはしでつかんで、アツアツのお湯にサッと通します。

グラグラ煮立ったお湯の中で数回しゃぶしゃぶwww

このときお湯の温度が中途半端だと、火が通るのが遅くなり、
身が縮むまで待っていると表面だけでなく、中身まで完全に火が通ってしまい溶けてほぐれてきます。

チヌ(クロダイ)料理薄造り
身がクルンと縮まったら引き上げの合図。

すばやく鍋のお湯から取り出し、氷水を入れたボールの中にいれ軽く数回しゃぶしゃぶwww。
適当な大きさに短冊切りして、薬味と一緒にお皿に盛りつけます。

キレイに身を薄くそぎ切りにするには▼

ポン酢で頂くこちらの料理は、薬味として刻みネギともみじおろしが一般的ですが、柚子こしょうでもいいですし
輪切にしたすだちなどを添えて、食べる直前に身そのものに絞って召し上がると夏の暑い日向きの清涼感たっぷりのお造りが味わえます。

レッツ、チャレンジ!