シーバスのビッグベイトのタックル解説!PEの太さの選び方~相性の良いロッドやリールとは

近年流行しているシーバスのビッグベイトゲーム。

その際のタックルについて詳しく解説していきます。真夏から徐々に秋のランカーシーバスが狙えるハイシーズンに入り益々需要が増えていくこの時期。

使用するPEの太さやロッドやリールなど専用のタックルの有無など意見も踏まえて

シーバスでビッグベイトを使うときのおすすめタックルもご紹介します。




ビッグベイトシーバスゲーム

画像:Pixwox

最近東京湾をはじめとするランカーシーバスの活性が上がる秋のコノシロパターンや落ち鮎パターン、はたまた夏~秋にかけての中海や涸沼のデカいイナッコパターンで、

ベイトのサイズが20センチをこえるようなサイズに大きくなる時期、ビッグベイトを使用したシーバスゲームが注目されるようになってきました。

昔からこういったシーバスの釣り方はあったと思いますが昨今のYoutube動画を含むSNSなどの普及によって認知度があがってきたと思います。

シーバスのビッグベイトで釣る場合のタックル

シーバスのビッグベイトのタックル
画像:Il Pescaria

20センチ前後の長さで重さが50g以上にもなるルアーをキャストしてアクションさせて、

それに食ってくる大物シーバスとファイトを繰り広げるためのタックルは当然それなりの強度と対峙できるパワーが必要になってきます。

ラインはシーバスの場合、やはりPEが主流。

ロッドは通常シーバスでもっとも使い勝手の良いMLでは役不足は否めないため、少なくともMクラス以上、MHまたはHタイプがほしいです。

ビッグベイトのタックルは、シーバスの時もバス釣りと同じくベイトタックルが向いています。

ただし慣れているスピニングでも釣りができないことはなく、あくまで一般的にベイトタックルが選ばれます。

この後ひとつずつ詳しく解説していきます。

●ラインはPE
●ロッドはMHまたはHタイプ
●ベイトタックルがおすすめ
●スピニングでもOK

ビッグベイトのシーバスゲームのPE

ビッグベイト シーバス PE
画像:Il Pescaria

もっとも自分に寄せられるビッグベイトのシーバスに関しての質問の中でいちばん多いのがPEラインについてです。

通常バス釣りならばナイロンやフロロにしますが、シーバスの場合普段から使われてるPEのほうが扱いやすく、ほかのラインと比べると太くしてもある程度の飛距離が稼げるのでメリットも大きいです。

  

PEの太さ

そのビッグベイトを使用したシーバスゲームでのPEライン太さは

ベイトタックルを前提にすると3号~5号です。

スピニングの場合は1.2~1.5号

思っていたよりも太いと思った方が多いと思います。

こんなに太くする理由はビッグベイトで使うラインは、ルアー自体の重さ50g前後~100gくらいのサイズが大きく重さもあるため、

いつものシーバスで使うPEラインの主流である0.8号~1号くらいではキャストを重ねている最中に高切れしてしまいます。

それならまだしも、せっかくシーバス掛けてファイト中に切れてしまい高価なビッグベイトもロストし、魚も取り込めず散々な状況になり得ることから、これらを防ぐためにPEラインを太くします。

プロの方でも2号程度を使う人もいますが、シーバスハンターとして名の知れているちなみにアピアの濱本さんはベイトタックルで6号を付けています。

濱本さんいわく「ビッグベイトの場合、ラインの太さによる飛距離がそんなに影響する釣りではない」と言われてます。

とにかく遠投して広く探るというよりは、岸やストラクチャーの際をピンで攻めていく釣りだからあまり飛距離に拘る必要がない。ということなんだと思います。

 

おすすめはPEの8本撚り

PEラインには4本撚りと8本撚り、今では12本撚りまでありますが、ビッグベイトを使用したシーバスでのPEは8本撚りがおすすめです。

何故なら、PEの違いによるそれぞれの異なる特性の違いです。

PEラインの撚り(束ねている繊維の数)は、少ないほど、1本あたりの繊維の太さが太くなり、より横擦れに強く耐摩耗性が増します。

それとは逆に、数が多くなればなるほど繊維1本1本の太さが細くなるため滑らかになりガイド抜けも良く飛距離が出せて、直線強度が増します。

ただしその分、一段撚りの本数が少ない号数と比べると耐摩耗性が劣ります。

ここです!!

先に説明したように、シーバスでビッグベイトを使うときに一番怖いのはルアー重量による「高切れ」です。=直線強度がほしいです。

バス釣りのビッグベイト攻略のように、入り組んだ水中の倒木の中を通すような釣り方をするわけではないので、そこまで耐摩耗性を要求されません。(そこまでいくならナイロンやフロロにしたほうがいい)

PEは4本撚りのパワーがあるほうがベイトタックル向きと言う人もいますが、擦れ強度優先なのか、直線強度を優先なのかの話です。

ビッグベイトを使用したシーバスのPEラインは、間を取って8本撚りがおすすめです!

シーバスビッグベイトゲームのおすすめPE

ちなみにPEの太さはシーバスでビッグベイトを使用するためのタックルで選ぶ場合、3号~5号がいいのですが、

いつも使っているシーバス用のPEラインにはどれも1.5号や2号までしかラインナップにないです。

よってショアジギングや、オフショアのキャスティング用PEから選びます。

バリバス アバニ キャスティングPE マックスパワー X8

よつあみ エックスブレイド フルドラグ X8

 

それでも横擦れ耐性が気になる人はフロロやナイロンもあり

あとでベイトタックルをおすすめする理由も説明しますが、ベイトタックルの本質は「太いラインが使えてパワーファイトが出来る」
こと。

これに着きます!!

そのため、横擦れなど耐摩耗性がもっと欲しいと言う人はバス釣りのようにフロロやナイロンでもOKです。

あくまでベイトタックルでの使用前提でいうとです。スピニングだとライントラブルの原因に成り兼ねないのでフロロやナイロンの使用はおすすめしていません。

フロロやナイロンの場合の太さは、14lb~20lb

これには理由があります。シーバス釣りにも使用されるビッグベイトの多くはそれぞれ適切な使用をしてもらうためにメーカーが推奨するラインの強度が公表されています。

例えばダヴィンチなら14lb。タイニークラッシュは16~20lb。ジャッカルのダウズスイマーは20lbとなっているためこれを目安にするといいでしょう。

迷う場合は16lbでいいと思っています。

バリバス ガノア アブソルート フロロカーボン 16LB/20LB 100m

ビッグベイトのシーバスゲームに合うロッド

ビッグベイトシーバスロッド画像
画像:Freepik

シーバスをビッグベイトで狙うときのロッドは、まず最初にルアーのキャストできる許容重量をチェックしましょう。

上限が50gだとすると実際にアングラーの想像通りにキャストできるのは、40~45gくらいまでだと考えたほうがいいです。

キャスト前からしなりすぎている場合、思うように飛ばせなかったり通常の操作が困難で、最悪の場合思い切り振り抜いた途端折れてしまうことにも…。

ルアーの許容重量は、最大値が50g~100gくらいのロッドが目安です。

 

ビッグベイトを使う場合のロッドの固さ

ビッグベイトでシーバスを攻略するためのロッドは上記の通り、必然的に強めの硬いMH(ミディアムヘビー)以上、H(ヘヴィータイプ)クラスになります。

それだと掛けた時に硬すぎて「弾いてしまうのではないか」とか、「乗りが悪くてフッキング率が落ちるのでは」等々心配になる方もいると思いますが、大丈夫です^^

昨今のビッグベイトシーバスゲームを見越して作られているロッドの中には、シーバス釣りを生業にするプロが監修した

そのあたりの懸念材料も払拭できるように開発された優れたロッドがいくつもありますから心配ご無用です。

むしろ強めの硬いロッドでないと操作性が落ち、対ランカーシーバスとの激しいファイトに自信をもって挑めません。

 

シーバスでビッグベイトを扱うときのロッドの長さ

ビッグベイトのシーバスゲームは、あまりオープンウォーターではすることはなく、ウェーディングせずに陸っぱりでランガンする場合、

橋脚やストラクチャーへを狙ってピン撃ちが大半なので、取り回しがよく接近戦でルアーを操作しやすい短いロッドがおすすめです。

若干通常のシーバスよりは短く感じる、7フィート~8フィートのベイトロッドが一番適しています!

これくらいの長さが手返しもよくもっとも適しています。

シマノ 21エクスセンス ジェノス B80H/RF
ランカーシーバスハンターとして知られる嶋田さんの監修により生まれジェノスシリーズに加わり21年の秋にリニューアルされたシーバス専用のビッグベイトゲーム用ベイトロッド

中型青物くらいなら楽に上げられそうな太くて強靭なブランクスと、ジャークなどルアーの操作や触れるくらいの微弱なアタリでも弾かなあいしなやかなティップを併せ持った最高におすすめ品☆彡

MAX100gまで投げられるこのクラスのロッドとしては157gと非常に軽く、強度が保たれたまま軽量化にも成功しているのがこのロッドの優れた点のひとつです。

フィッシュマン ブリストコモド7.5H
30~120gまでのビッグベイトを投げて扱えるように考案。固すぎず軽目のルアーでも投げられるしなやかさと、思いルアーのキャスト時にブレないちょうどよいハリを確保したベイトロッド。2022年分は冬から生産開始。今あるのはショップに並んでいるものだけ!

ツララ エルホリゾンテ 80
モンスターハンターの間で絶大な信頼を誇る、コアな人気のツララのロッド!一種の漢のロマンを感じる1本。

エバーグリーン アバンギャルド ZAGC-710 グランソード
秋冬にかけて丸々と太ったシーバスは8kg、10kgを超える巨体で向かってきます。

それらの強烈な引きに応えられる強靭なパワーと、長すぎず短すぎず絶妙なレングスが操作性も上げ常に余裕を持ってランカーシーバスとのファイトに挑めるタフさを備えている頼もしい1本です。

モンスターハンターの間で絶大な信頼を誇る、コアな人気のツララのロッド!一種の漢のロマンを感じる1本。

 

やっぱりビッグベイトはベイトタックル

ビッグベイト=タックルはベイトタックルという流れはバス釣りから来ていることが理由にあり、シーバスにおいても理に適っていることが多くあります。

それは

●ベイトタックルはパワーファイトが得意
●太いラインが使用できる
●重たいルアーも投げられる

からです。

ベイトリールはラインの放出角度がスプール回転方向と同一なため、ラインを太くしてもあまり飛距離に影響が出ませんから、必然と強さを優先するとPEの場合太いラインになるわけですが、

ラインが太くなれば強度は増すけど、それだけ軽いルアーだと飛ばせなくなります…。

すなわち、ことシーバスでビッグベイトを使うときのベイトタックルはルアーがビッグベイト=重たいルアーなので太いラインでもベイトタックルならば飛ばせるわけです。

「シーバス」、「ビッグベイト」、「太いPE」、「ベイトタックル」ずべてが相乗効果を生んでいるわけです!!

 

ホントにスピニングじゃダメなのか?

ならばスピニングじゃダメなのかというと、そうではなくベイトロッドが向いているだけで釣りができないわけではないです。

普段シーバスでスピニングを多用しているならビッグベイトをする場合もスピニングでするのが余計なストレスなくできます。

下の動画をご覧ください。フィッシュマンのビッグベイト「コーク」をブルーブルーの村岡さんがフィッシュマンの赤塚さんから借りてスピニングで投げています。

で、釣ってます!

アピア Foojin’Z ビーストブロウル 93MH 5thジェネレーション 2021モデル
村岡さんが投げていたのがこちらのスピニングロッド
ルアーの許容重量が~56g

こちらは自分が使っているヤマガのバリスティック96MMHのヤマガさんの動画です↓

これのルアーキャスト許容重量は~38gと小さめですが、それよりも重たいアマペンを最初から投げて、

そこから65gあるヒラマサなど大型青物に使用するウッドペンシルをキャストして、そしてこの人も釣ってますw

ヤマガブランクス バリスティック96MMH TZ/NANO

シーバス向けビッグベイトを操るリール

ビッグベイトシーバスリール画像
リールもベイトリールにしたとしても、ビッグベイトを用いてデカいシーバス狙うにはストロングファイトに対応できるリールがおすすめです。

シマノ 22カルカッタコンクエスト 200XG/201XG
やはりストロングゲームにはカルコン!!
ビッグベイトを使用したシーバスゲームには200番。そして2022年にあらたにラインナップされたXGが最適。

XG(エクストラハイギア)といっても、カルコン200番のXGは最大巻き取り長が89cmしかないので通常シーバスに使われるHGクラスと変わらないからです。

逆にそれ以下のカルコン200のHGだと、大型のシーバスの取り込みに時間が掛かってしまいます。

100番は7g~15g前後のルアーだけを使用するシーバスにはいいけども、ビッグベイトでは論外です。

シマノ アンタレス DC MD XG
バックラッシュなどライントラブルを軽減しながらより飛距離を伸ばした、ストロングファイトにはやはりアンタレスのDCMDです。

シーバスには「22エクスセンスDCでいいんじゃない?」と思う人もいるでしょうが、そもそもアンタレス DC MDとエクスセンスDCでは用途が異なります。

アンタレス DC MDはビッグベイトなどの重たいルアーをメインに使用し世界中の怪魚を相手にしたリールであるのに対して、エクスセンスは7g~30g前後のルアーでシーバスを狙うのに特化されたリールです。

ドラグと太いラインを長く(多く)巻けるラインキャパシティが異なります。

シマノ 21スコーピオンMD 300XGLH/301XGLH
先にシーバスビッグベイトのおすすめしたシマノのベイトロッドを監修した嶋田さん本人が、タックルバランスを考慮して推奨リールとしておすすめしているベイトリールがこちらスコーピオンMDです。

今回おすすめするリールの中で最大の巻き取り長107cmを誇りファイト中にも余裕を持ってシーバスと対峙できます。

また先のふたつのリールよりも入手しやすい価格も魅力となっています。

ダイワ Z BLACK LTD. 2020 SH
漆黒のザク!?見た目が超カッコイイ!!ダイワのソルトウォーター対応のタフコンセプト設計のパワーモデル。

ゴワつきやすい16lb以上ののフロロや3号以上のPE以上のライン使用を想定しているのはもちろんのことランカーシーバスはもちろん青物や大型ロックフィッシュにも対応できるパワーを持つ。

「ロープロ最強のリール」と称されるダイワで一押しのパワーベイトリール

スピニングであればツインパワーの4000XGか、もしくはC5000XGなどがおすすめです。