青物が釣れるミノーおすすめ12選!ショアジギングのルアーローテに必須プラッキングの立役者

青物を釣るためのミノーのご紹介です。ショアジギングでは本来であればメタルジグが主流ですが今では釣り方自体にも多様化が進みその他のプラグルアーを使って攻略することも増えてきました。

ここではどんなシーンでミノーが有効になるのか?使い方から青物が釣れるミノーのおすすめをご案内します。

青物釣りでミノーが有効な場面

青物ショアジギングミノー
画像:JACKALL

青物を狙っている最中にミノーが有効になる場面があります。

一番ミノーに変更して釣れる確率が高いのが、ナブラが湧いている時です。その場所まで飛ばせる飛距離があることが前提ですがこの場合すぐに応えが出やすいです。

また同じように、ベイトが水面直下に群れていて、青物が上のレンジを意識している状況でもミノーの出番です。

いくらか試した後にジャーキングや派手なアクションのメタルジグでは口を使ってこないと思われる状況でミノーに変えてみると青物のアタリが増えることは多くあります。

ショアジギングにおいても地磯から手前のゴツゴツした根があるサラシの中をゆっくりアピールさせたいときや、サーフからドン深のカケアガリをボトムから離れないようにトレースしてくるにはリップの着いたミノーのほうがいい場面もたくさんあります。

ジギングだからと言って拘り過ぎずにミノーを取り入れてみることで釣果アップが図れるはずです。

またワンピッチジャークなどが上手くできないビギナーでも操作がしやすいことも大きなメリットなので水深のある堤防からミノーを使って青物狙いはじめるのも間違った選択では決してありません。

ナブラが湧いてる状況
メタルジグには反応しない場面
地磯からサラシの中をゆっくりアピールしたいとき
ジャークが苦手なビギナーにも

通常のミノーと青物ミノーの違い

釣れるか釣れないかという2極な選択でいうと、自分もサーフからヒラメ狙っているときに青物が掛かることはよくあるので、釣れます。

ただし青物の対応ができているミノーでなければ釣れるかどうかは不安な部分があります。

それはフックが固定してあるアイと中の貫通ワイヤーなど構造上の問題があります。

ボディ構造の耐久性が違うのです。

青物の激しいアタックに耐えうるボディもそうですが、大型が掛かることを想定するとフッキングしたあとに内部やアイの連結までもが破損しない耐久性が、青物用ミノーには望まれるわけです。

ですから、最初からミノーで青物狙うと分かっている場合には青物用がおすすめです。その方が安心して釣りに専念できます。

このあたりはいろいろな意見があると思いますが、釣れる釣れないの話ではないです。適しているかどうかです。

青物が釣れるミノーおすすめ12選

とやかくウンチクお話しする前に、みなさんが一番知りたい青物が釣れるミノーのおすすめをまずはご紹介します。

お気に出た船の上からでも使えるものばかりですが、ショアジギングでの使用を考えて陸っぱりから青物が釣れるミノーを自分の実績から12本選びました。

どれも目移りするほど魅力的なものが揃っています。どれにしようか迷ったら10個ぜんぶ試してみるのもいいかもしれませんww

 

シマノ コルトスナイパー ロックジャーク 140S ジェットブースト

見るからにヤバそうで青物釣る前に自分が釣られてしまった青物ミノーがこちらです。足場の高い磯の釣り座からでも飛距離が出せる上に、この絶妙な大きさと角度のリップが良く水を噛み締め通したいレンジをしっかりキープしてくれます。

 

ダイワ セットアッパー ランカ―ハンター 125S-DR

もう説明不要の青物が釣れるミノーの代名詞ともなっているセットアッパーの大型のターゲットに対応した2フック仕様設計になった125S-DRです。中型青物までなら余裕でこなせるショア青物の絶対的信頼度はショアジギング初心者にもおすすめです。
2フック仕様になったことでフッキング率は下がるものの深く刺さりバラシを軽減する効果を得られます。

 

ジャッカル ビッグバッカー アンチョピード

大人気青物ミノーであったナブラミノーの誕生からはや5年。今はジャッカルの青物ミノーといえばこれ!!
ただ巻き(高速巻き)だけでも釣れるし、飛距離とアクションと頑丈さは特別感があります。60~120mmまで4サイズ選べます。

 

DUO ラフトレイル ブレイジン 92

自分の住む地域では大河川の河口でブリが釣れます。そのときにはじめてショアキャスティングゲームで使用したのがこのヘビーシンキングミノーです。飛距離もさることながら少し短めのボディのベリーについているリップが水を嚙み立ち上がりの速さがウリ。高速巻きでもブリブリ泳ぐ!ブリやサワラはもちろんカツオやシイラにも対応できます。

 

マルジン ガマダス 135F

画像:MARJIN

太めのボディの強烈なウォブンロールのハイアピール系ミノー。嶋田さんのマルジンからの初ミノーなのでもとはシーバス用!?かもしれないがテスト段階から大型のブリが釣られています。昔大好きなミノーだったアスリートやナバロンにも似た水をしっかり掴むリップ形状と端正なボディラインがアングラーをも魅了します。立ち上りも早く流れに乗せただけでもアクションします。写真のカラーは自分の一押しローズウォーリア。

 

ジャクソン Gコントロール 40

瀬戸内海など青物のベイトが小型のカタクチイワシやキビナゴの場合にはセットアッパーよりもこちらの方がおすすめです。重さのあるこの手のミノーは速巻きしないと沈んでしまいますが、これはボディ下にもリップが付いていて、短いコースをゆっくりと巻いてこれることが自分のお気に入りです。サイズは28もありますが青物は40がおすすめです。

 

タックルハウス コンタクト ベゼル.48

固定重心で力任せに投げても良く飛びミノーの中では決してアピールの高い方ではないけど、シャローレンジでも引いてこれやすく遠浅のサーフなどでシンペンよりも派手なアクションがほしいときなどにおすすめです。

 

デュエル ハードコア ヘビーミノー110

まずおすすめな理由からいうとコスパが非常に優れている点です!青物対応の重量のあるヘビーミノーでこの価格でこのスペックはありがたいと感じる人は多いと思います。値段だけでなくしっかり青物を連れてきてくれます!

 

タックルハウス K-TENブルーオーシャン BK115SW

K-TEN重心移動システムで飛距離はもちろんのこと3Dレーザーカット貫通ワイヤーを採用し強度も抜群、青物はもちろん磯で出会うことの多いヒラスズキやオフショアのマグロやカジキにも対応できる強さを持ったミノーです。

 

ジャクソン ピンテール サワラチューン

昔から人気のあったピンテールシリーズの高速巻きで釣るサワラに特化したミノーです。ただ単に一定のレンジキープしながら巻いてくるだけでいいです。自分の場合ショアからのサワラ狙いはメタルジグよりミノーの方がいいと思っています。

 

マリア ボアーSS 170

今回おすすめする青物対応のミノーの中でいちばんサイズがでかい、ロックショアからの青物に特化したジャーキングミノーです。

ただ巻きでも強波動のウォンブンロールアクションをし、途中ステイ、ジャークを繰り返してもアングラーの意志通りにキビキビと反応する重心移動タイプで飛距離を犠牲にせずに操作性も上げています。ゴリ巻き高速リトリーブにも対応しています。

 

プロトラスト シーコンタクト ダイブサーディン 120S

ショア青物で釣れる安いおすすめミノー
これどこかで見たような形してませんか?…。そうですw口が裂けても言いませんが一緒にショアジギングで青物釣りに行った友達が持ってきていて借りたら釣れてしまったという1000円以下で買える驚異の安いミノーです。スペックは値段相応だと思うので耐久性は不安が残りますが、とにかく安いミノーをお探しならこれイチオシ。

青物を釣るミノーの動かし方

もともとミノーは、ただ巻きでウォブリングやローリングなどのアクションをするように設計されているので、青物狙う場合も基本はただ巻きでOKです。

巻いてくる速さは、ミディアムリトリーブから、ベイトの動きが早く素早い泳ぎでベイトを追いかけているサワラなどではファストリトリーブ(速巻き)が有効です。

ショアジギングでも同じです。

また、自分の経験上はただ巻きより、時々止めてフォールさせたり、ミディアムリトリーブでのリーリングの途中に軽いトゥイッチを混ぜるなど変化を待たせるとブリ(ハマチやイナダ含む)が掛かることが多いです。

基本ただ巻きでOK
サワラやカツオは速巻き
ブリは時々トゥイッチやストップ&ゴー

青物をミノーで釣って楽しもう!!

ショア青物でもミノーが釣れることがお分かり頂けたかと思います。

自分だけかもしれませんが、なぜかルアーフィッシングにおいてはやはりミノーで釣りたい何かあると思ってるんです。

釣れた時の満足度が違うと言いますか…。なんというか。何でどうやって釣ったかというのが釣れたあとの同じ釣果でも嬉しさが倍増するのはルアーマンの性ではないでしょうか。

これから青物狙いの時にミノーを必需品として持参しもっともっとショアジギングを楽しんでください。