バス釣り初心者のロッドの選び方!釣りの楽しみを覚えやすいセットやスピニングとベイトのロッドセレクト術

バス釣り初心者が最初に選ぶロッドの選び方をお伝えします。

僕ははバス釣りはじめた頃に、調べたりもあまりせずそれまでやっていた他の釣り種同様に自分だけの少ない知識で一通り揃えてしまっていっぱい失敗した経験があります。すぐに買い替えたり売ったり当初使っていたロッドはいま1本もないという…

そのような経験から得た知識で感じた後悔しない選び方のコツと、スピニングロッドを中心に初心者セットや、安いおすすめをご紹介します。




バス釣りロッドの種類

バス釣り初心者ロッド
画像:befabmakina.com

バス釣りロッドにはスピニングとベイトがある
ブラックバス相手に対峙するために最低限必要なタックルのロッドは、スピニングロッドとベイトロッドの2種類があります。

ここがバス釣りのややこしいところで、初心者なので1本だけ揃えて…なんていう場合にもどちらを先に購入しようか迷ってしまいます。

10000円未満の安いロッドを買ったとしても、リールとの組み合わせてスピニングとベイトを2本揃えるとなると50,000円くらいになってしまいます。

僕はなんの知識もないうちから50,000円以上買った大バカものでしてwwあとでひどく後悔したものです。

 

バス釣り初心者にはスピニング


バス釣り初心者には、「キャスト」、「ルアーを動かす」というロッドの基本操作的に、扱い易くてライントラブル等が少ないスピニングから始めるのがおすすめです。

細いラインが使用できるため軽いルアーや、小さなリグを扱いやすいという利点を生かしてバス釣りではライトリグのフィネスな釣りのためにスピニングが用いられます。

釣れやすいリグを用いて小バスも釣れることと、扱いやすさで初心者でもバス釣りの楽しさを早い段階で味わえるので

どちらか片方からはじめるのなら、スピニングロッドを購入することをおすすめします。

 

いずれは使いたいベイトロッド


なんでも形から入る僕が最初から手を出し過ぎて失敗したのがこちらベイトロッド(泣)…

スピニングよりもピンポイントを狙い撃ちしやすく、太いラインを使い濃いカバーの中などからブラックバスを引きずり出せるパワーも備えているためバス釣りで多用されるロッドです。

しかし、キャストやライントラブルが多くある程度使ってからでないとまともに釣りができないのがベイトロッドの欠点。

慣れるまでに時間がかかります。

バス釣りを続けていくのならいずれは必要となるベイトロッドですが、初心者の人がいきなりベイト1本ではじめるのはおすすめしません。釣果が遠のいてしまうだけです。

バス釣り初心者の場合はどちらか1本にするならスピニングだけ。もしくは2本同時に揃えておくのが良いと思います。

バス釣り初心者が釣りやすいロッドを選ぶコツ

画像:visualhunt

バス釣りに限ったことではないですが、初心者がロッドなどタックルを新たに新調して釣りをはじめて、最初の1匹を釣れるまでに時間が掛かると、楽しさが身にしみず早々に諦めてしまう事にもなり兼ねません。

なので、僕が初心者の方におすすめしているロッドの選び方のコツとして大事にしているのは
まず釣れること

これ大前提です!

僕は完全にここが抜け落ちていたのでw、わけもわからず高いタックルを揃え意気揚々とバス釣りをはじめたものの、釣れない→ロッドを1本ずつ売る→しばらく辞めるwww 大失敗でしたほんと…

この経験からバス釣りをこれから始める人にはキャストのしやすさや、トラブルの少なさに加えて、サイズを気にしなければもっとも釣れるライトリグを扱いやすいロッドがおすすめです。

ライトリグにの釣れやすさについては、下記のページで詳しく解説しているのでそちらも読んでみてください。

ライトリグは小さいブラックバスはもちろん、デカバスでもハイプレッシャーな個体ほど釣れやすくなったりする、巻物ルアーよりも重宝する万能品です。

まずはそのライトリグをメインにして使えるロッドを選びましょう。

ライトリグを多用できるやわらか目のスピニング

軽いロッド

最初のベイトロッドならバーサタイルモデル

ライトリグは重たくても多用するのは5g前後、それくらいの軽いルアーを扱いやすいティップの柔らかめのスピニング。

もしくは、ベイトロッドを選ぶとすると、スピニングよりも若干重ため1/4oz(7g)以上から1/2oz(14g)くらいまでがキャスト可能な硬さで、中間よりややライト寄りのベイトロッドを選ぶのが初心者向きでしょう。

それだとライトリグだけでなく、応用が利くので10g前後のルアーならほかにもクランクやシャッドなども使用できます。

スピニングと同じく1g~5gのベイトフィネスでは、そのあとの汎用性が悪く結局スピニングしか使わなくなってしまうこともあからです。

バス釣り初心者のロッドセット

ロッドやリールにラインもセットになった初心者向けセットもあります。

入門セットをおすすめしていないバスアングラーもおられますが、ここでおすすめするセットはシマノのロッドとリールがセットになったもの。

日本の2台メーカーの一つのシマノはバス釣りの世界でも信頼度が高いメーカーで安くても安心して釣りに集中できます。

最初にスピニングからはじめるのには最適だと思います。

ロッドとリールで13,231円ならばコスパも十分!これならたとえやってみたあとで自分には合わないと思って辞めてしまったとしても金銭的な痛手が少なくて済みます

↑ここ非常に大事ですね(経験談)

シマノ バス釣りスピニングロッド&リール入門セット

バス釣り初心者のおすすめスピニングロッド

ビギナー向け入門セットもいいけど、やっぱり初心者とはいえこだわりを持って別々に揃えたいという人におすすめロッドをスピニングからご紹介します。

アブガルシア バスフィールド BSFS-672L
シマノやダイワと並んで日本のバスシーンで絶大な人気を誇る、アブガルシアのバス釣りを気軽に楽しんでもらおうと生まれたロッドシリーズのスピニングモデル。

シマノ ルアーマチック S66L
シマノが世の中の釣り初心者向けに本格的なロッドを使ってもらおうと、無駄を排除しコストを下げてビギナーのために用意されたラインナップがたくさんあるルアーマチックシリーズのスピニングモデル。

これよりも短い60Lもありエレキなのでは取り回しが良いが、陸っぱりからでは短くて飛距離が足りないので66Lがおすすめ。

メジャークラフト ファーストキャストバス FCS-662L
数多くの「安い」、「高性能」の釣り具を出し続けてくれているメジャクラの初心者向けのファーストキャストシリーズのバス用スピニングロッド。こちらのシリーズの中で一番ロングキャストが可能な長さの662のLタイプが、陸っぱり初心者におすすめ!

バス釣り初心者のおすすめベイトロッド

バス釣り初心者には、スピニングからはじめるのがおすすめだけど、スピニングと同様に最初に揃えておきたいという方や、2本目のバスロッドをベイトロッドにするひとにおすすめをご紹介します。

ダイワ バスX 662MLB
まずはこちらダイワバスXのバーサタイルモデル662MLB。扱えるルアーの重さが1/8oz(3.5g)~1/2oz(14g)とフィネスに限定して使うスピニングとも被らないところでの、汎用性の高いモデル。

上位クラスと大差ない見た目もおすすめの理由。

アブガルシア バスビートII BBC-652ML II
アブガルシアのバス釣り初心者向けのバスシリーズのベイトロッド。こちらもまた見た目も安っぽくなくてカッコイイ。
ビギナーにはそういった釣ってるときの満足感も釣れるのと同じくらい大事な要素です。