エギングロッドの初心者のための長さや硬さ(タイプ)の選び方!セットや安い入門用おすすめアイテム

エギング初心者のときに最初に揃えるタックルの中でもっとも気になるのがエギングロッドの存在ではないでしょうか。

はじめるための長さは?、硬さタイプは?などエギング初心者のためのロッドの選び方と、セットものや入門用の練習機としても使える安いエギングロッドをご紹します。




アイキャッチ画像:photoAC

エギングロッド初心者に専用ロッドは必要か?

エギングロッド初心者
画像:photoAC

現在ではエギングに限らずさまざまな魚種の特性に応じて、そのターゲットに見合った専用ロッドが用意されています。メーカーのプロスタッフさんによれば「専用ロッドがいい」とか、

アマチュアアングラーさんに言わせると「専用ロッドじゃなくてもいい」なんて言う声が聞かれますが、エギング初心者が選ぶロッドは果たしてどっちがいいのでしょうか?

自分の経験からいうと、初心者の方には専用ロッドをお勧めしています。

それは何故か?

エギング専用ロッドは、専用という名の通り、対象となるアオリイカなどのイカ釣りで使いやすいように設計がされているものです。

専用ロッドではなくて他の釣りの代用品で併用した場合だと、初心者の方の場合、エギングのロッドには何が必要で、代用品ではどんなところが足りないのかがわかりません。

エギングの釣り方を覚えるには専用ロッド

それに初心者の方が、まずエギングの釣り方に慣れるまでは、エギングで扱いやすい専用ロッドの方がキャストの仕方、しゃくり方やボトムの取り方など感覚で覚えやすいです。

重すぎたり、しゃくりにくかったりした場合にでも、自分の技術が追い付いていない段階では、ロッドの重さのせいなのかどうなのか、下手だから!?なのかどうかも判断がつかないと思います。

ですから基本のエギングの釣り方を体得するまでは安い専用ロッドがおすすめなのです。

そのあとテクが上達してから、他の釣りと代用できるかどうかを検討してみてエギングロッドを買い替えるなどすればいいと思います。

エギングロッド初心者の長さの選び方

エギングロッド初心者長さ
初心者の方にエギングロッドを選ぶ際に注意してほしい点の一番最初は長さです。

エギを狙った場所まで届かせるためにはそれなりの遠投性能も必要になってくるため長いものが良いのですが、エギング特有のロッドアクションである「シャクリ」が難しくなります。

遠投と操作性を両立させるのであれば、長さは8ft~8.6ftがエギングロッドの標準的長さです。このあたりの長さを目安にして、自分が釣行するポイントの足場の高さや、自分の背丈などを考慮して選ぶといいと思います。

エギングロッド初心者の硬さ(タイプ)の選び方

初心者エギングロッド硬さタイプ
ロッドの硬さはLやM,MHなどで表記されるタイプで表され、投げられるルアー(エギ)のキャスト許容重量で決まります。

そのため、エギングのように春先と秋では、使用するエギの重さが大きくことなるためエギングのベテランは季節ごとにタイプの異なるロッドをいくつも用意しています。

ただし初心者のかたがはじめるにはそこまでしなくてもいいです。

年間通してよく使われるエギのサイズが2号~4号なので、一般的に春でも秋でも使える汎用性の高いMクラスがおすすめです。

またアオリイカ特有のモワンとしたアタリを感じやすくするためには、ソリッドやシマノのソフチューブトップなどティップが柔らかいものの方が感度がよくなるので、使うエギはのサイズは若干抑え気味になるものの

感度を優先したいのなら、MLタイプのエギングロッドも初心者におすすめです。

エギングロッド初心者は重さも…

エギングロッドの重さ
長さや硬さ(タイプ)が適切でも、ロッドの自重が重すぎるものはあまりエギング向きではないと思っています。

投げてしゃくってを繰り返すエギングでは、ロッド自体が重たいとしゃくり難いだけでなく疲労しやすくなり釣りに集中できなくなってしまいます。

エギングロッドの場合、他の魚種の専用ロッドと比べると例えば同じタイプだとしても、非常に自重が軽い仕様になっています。

エギングロッドで固いMHタイプで長さが約9ftくらいあるものでも、せいぜい自重は115gくらいです。このへんの数字を重さ選びの目安にするといいでしょう。

エギングロッド初心者はリールとのタックルバランスも

初心者エギングロッド
これまでの初心者向けのエギングロッドの選び方の通りに選んだ場合ある程度の性能を満たしたロッドを選択することが可能だと思いますが、

組み合わせるリールとのバランスが悪ければ、いくら適切なエギングロッドを選んでもしゃくり難かったり扱いずらいものになってしまいます。

エギングに推奨されるリールの番手は2500番~3000番ですが、エギングロッドは軽いため、特に組み合わせるリールの重さには注意が必要です。そこを注意しないと手元だけ重たくなってしまいます。

リールについてはまた別章で詳しく解説します。

エギングロッド初心者セット

初心者向けにエギングロッドにラインが巻かれたリールとエギなどがセットになった、届いたらそのままエギングがk能な初心者用セットがあります。

5000、6000円ほどですべて揃えられるので入門機、練習機として!

またご一緒に始めるお子さんやご家族のためのサブロッドとしても!
エギングロッド入門セット(リール、PEライン、エギ、ケース、リーダー、スナップ付)

入門者向け安いエギングロッド

初心者だけど、セットで買うのはイヤ!というこだわり派の方は、安い廉価版のエギング専用ロッドをおすすめします。

中には、ここでおすすめするロッドにリールをつけてセットとして販売してうものもあります。

シマノ 18セフィアBB S83M

ダイワ リバティクラブ エギング 862M

メジャークラフト ファーストキャスト FCS-832E