ショアジギングの最新おすすめベイトロッド!相性の良いリールの組み合わせも解説

ショアジギングにベイトロッドという選択をするひとが今増えています。ショアからのジギングの場合は飛距離に重点が置かれ普段ならほかのタックルを選んでしまいがちですがあえてベイトロッドを選ぶことで釣りやすくなる魚種もあります。

この章ではベイトロッドの魅力と、ショアジギングに用いることで得られる利点などを解説。最後に人気メーカーのショアジギングでおすすめのベイトロッドと、相性の良いリールもご紹介します。

ショアジギングでベイトロッドを使う利点

ショアジギングベイトロッドの利点
画像:Pixabay

ショアジギングで、スピニングではなくベイトロッドを使うと以下の多くの利点が得られます。ここをひとつづつ確認してみます。

 

パワフルなファイトが可能

ベイトロッドとリールを合わせたベイトタックルの場合、ラインを巻いているスプールに対して直線でガイドまでラインが伸びそのまままっすぐに飛んでいくので、太いラインにしても飛距離の影響を受けにくく、太いラインも選択可能になります。

実際にハタなどの大型根魚を狙う場合、2.5~3号のPEなど太いラインを巻いてもベイトタックルの場合スピニングほど飛距離への影響を受けません。

また、この直線で出ているラインの恩恵を受け、手元の巻く力を分散することなく引いてこられるのでトルクフルなパワーファイトが得意となっています。

 

手返しが良い

ベイトタックルはスピニングのラインを指に掛けてキャストしてヴェールを戻す作業が、手元のクラッチを親指で抑えたり離したりするだけで可能なため、投げて、動かす、巻く。一連の操作性が早く手返しがいい。

ショアから広範囲をサーチする場合、フォール中のアタリなど感じた場合でもハンドルから手を離しヴェールを返す作業だでもワンテンポ遅っかたりしてしまうこともありますが、ベイトタックルでは利き手はハンドルに添えたまま片手でクラッチ操作するだけで行えるので、瞬間的な不意のバイトも逃しません。

ちょっとしたこの操作性だけでもかなりスムーズに釣りができるようになります。

 

感度が抜群

ラインがロッドに対して直線的に出せるベイトタックルは、その分余計な屈折がなく水中からの情報をロッドをつたって手元まで伝わりやすく感度が向上します。

クラッチを操作を行う手でロッドとリールを握り込むようにして持つので感度をアングラー自身も受け取りやすくなっています。

あやふやになりがちなボトムタッチも鮮明になり、フォール中のドンッとくる強いアタリは体感すると違いに驚くほどです!

ショアジギングでベイトロッドを使う場合の注意点

ショアジギングでベイトロッドの注意点
画像:istock

ここまでベイトタックルをショアジギングで使用する利点をお話しましたが、決して良いことばかりではありません。

どのような釣り道具にも言えることですが、注意点を理解して使いこなすことが大切になってきます。

 

ライントラブルが起こりやすい

クラッチを切りキャストする際に押さえていた指を離してラインを放出⇒着水後に親指で止める動作の際、ラインが放出される向きと投げる向きが直線になるベイトタックルの場合、出ていくラインの量よりスプールの回転速度が上回ってしまいライントラブルを起こしてしまうことがあります。

これがバックラッシュです。

まったくの釣り初心者でもある程度はすぐに使えるようになるスピニングと異なり、ライントラブルを防ぐには数投げて練習を重ね、慣れが必要になってきます。

 

飛距離はスピニングに劣る

先に太いラインを使用しても飛距離が落ちにくいとお伝えしましたが、元々の遠投能力はスピニングより劣ります。

飛距離が大きな武器となるショアジギングにおいては欠点と捉える人もいますが、実際はベイトタックルでも、遠投するキャストの方法を習得すれば100m以上の飛距離を得ることができます。

 

メンテナンスは必須

ベイトリールは淡水専用と、海水対応がありショアジギングの場合当然「海水対応(水洗い可能)」を選ぶ必要があります。

スピニングリールと比較すると、水が浸水しやすい構造になっており、当然のことながら釣行後の水洗いは必須。

真水(冷水)で洗って自然乾燥させておくだけでも機能が持続できます。

ショアジギングでベイトロッドが向いてるターゲット

ベイトロッドが向いているショアジギング
画像:Im an Angler

メーター級の青物でもサワラなどは掛けてもすぐに浮いてくるので比較的ファイトも楽ですが、丸太のような巨漢でグイグイ潜るブリ(ハマチ)や、根に潜り込もうとするハタなどの大型ロックフィッシュには太いラインとパワーファイトが可能なベイトタックルは最適!

掛けた時に根に入るターゲットを、強引に根から剝がせる力強いパワーはベイトタックルにしか出せない技です。

ショアジギングのベイトロッドの選び方

ショアジギングロッド選び方
画像:Pixabay

通常より重量のあるルアーやメタルジグを使用するショアジギングはベイトタックルにもそれ相応のパワーが必要になっててきます。

 

長さ

やはりベイトロッドでもショアジギングの場合は飛距離が必須条件となるため、長さの長いロッドが好ましいです。

自分の背丈や、行く予定のポイント(釣り座の高低差など)によってできるだけ長いベイトロッドを選びます。

自分の実釣経験からいうと9.6フィートがベスト

飛距離も出せて、取り回しが良いバランスで9.6ftがおすすめ。

ベイトロッドの場合、それ以上に長いと、磯や堤防など小場所では取り回しが悪くなってしまうこともあります。

行く釣り場所によって選ぶと飛距離と操作性の両方を生かせるるので、磯や堤防メインなら9フィート前後から9.6フィート。サーフメインなら9.6フィートから10.6フィートの長さを選ぶといいでしょう。

 

硬さ

ショアジギングの種類によって必要になるベイトロッドの硬さは異なりますが、主にパワーファイト重視で選ぶほうが、スピニングタックルとの使い分けもできていいです。

その場合、タイプがMH以上で、HまたはXHが適しています。

ほかのSLJやライトショアジギングの場合、ルアーのキャストできる許容重量を調べて選ぶのがいいです。

ショアジギングの種類によるロッドの硬さの選び方は下記の記事で詳しく解説させていますので、併せてご覧ください。

ショアジギングのおすすめベイトロッド

 

ダイワ

ダイワ ハードロックX 86MHB
ハードロックフィッシュロッドですが、ブリやヒラマサにも。
40gくらいまでのジグをキャスト可能で、根にくっ付いているモンスターフィッシュを剝がし取るハイパワーモデル。

力のあるベイトロッドにありがちな先重り感も軽減されているので、微妙なルアーコントロールも無理なくこなせます。

長さ 8.6ft/2.59m 自重 167g
綱数 2本 仕舞寸法 134cm
ルアー許容重量 7~45g 適合ライン PE0.8-2.5号

 

シマノ

シマノ 21コルトスナイパーXR B100MH
ジギングロッドで定評のあるコルトスナイパーから2021年に登場したショアジギング専用ベイトロッド。

ベイトリールが持つパワーなどの利点を最大限に引き出せる設計。太いPEラインの使用においてもスピニングをを上回る遠投性能を実現しています。

深場へ走る大型青物の強烈な引きを受け止めパワーファイトが可能。現在自分の一押しベイトロッドです☆彡

長さ 10ft 自重 307g
綱数 2本 仕舞寸法 157.1
ルアー許容重量 Max90gjig/Max70plug 適合ライン ~Max4号

 

アブガルシア

アブガルシア ソルティースタイル ショアジギング STJC-1002MH-KR
日本のソルトウォーターの世界でベイトタックルをいち早く広めたパイオニア的存在のアブガルシアのベイトロッド。

数あるラインナップの中でも比較的コスパが高く初級者から中級者まで使えるようにソルティースタイルのショアジギング用を選びました。

ショアジギングでもベイトロッド初級者にもおすすめ。

長さ 10ft/3.05cm 自重 253g
綱数 2本 仕舞寸法 156.5
ルアー許容重量 20~80g 適合ライン 2~4号

安いショアジギングベイトロッド

1万円でお釣りがくる実売価格で入手できるショアジギングの安いおすすめベイトロッドはこれ!

プロマリン キャスティーゲーム B96H
この価格でも、9.6ftとちょうど良い長さと、ルアーのキャスト許容重量もマックス100g、PEラインも4号まで対応できるなどコスパも高く性能は必要十分。

安いベイトロッドは強度を維持するために重くなりがちですが、自重も282gとスタンダードサイズ!

ショアジギングの入門用ベイトロッドとして最適です。

長さ 9.6ft/2.88m 自重 282g
綱数 2本 仕舞寸法 151cm
ルアー許容重量 Max100g 適合ライン PE Max4号

ショアジギングのベイトロッドにおすすめベイトリール

ショアジギングのベイトタックルにロッドのほかに欠かせないベイトリール。

ロッドとの相性を考えて太めのラインを100m以上巻けるスプールと、ギアはハイギアがおすすめ

シマノ アンタレス DC MD XG
世界中のモンスターフィッシュを相手にするために開発されたアンタレスDCの海水対応になっているDC MD。

DCのち密に計算された賢い制御によりライントラブルを恐れることなくフルキャストが可能。ルアー操作や魚とのファイトに集中できる本格派ベイトリール。

使用して釣っているだけで得られるステイタス性はDCMDだけの特権です。

自重(g) 235g 最大ドラグ(kg) 6
巻き取り長(cm) 93 巻糸量(m) PE3号/130m

ベアリング数 10/1 ハンドル長(cm) 90

ダイワ リョウガ 1520H
ダイワの丸型リールの新骨頂と言えばこちらリョウガ。初代から9年目に一新された新生リョウガは、潮嚙みしやすいベイトリールの弱点を克服すべく
マグシールドボールベアリングを採用し単にソルト対応とせず、一から設計が見直された完全な海水対応ベイトリール。

自重(g) 270g 最大ドラグ(kg) 6
巻き取り長(cm) 71 巻糸量(m) PE2号/230m
ベアリング数 12/1 ハンドル長(cm) 90

アブガルシア レボ ビッグシューター WM60
ソルトウォーターの大型プラグを用いたキャスティングはもちろん、世界中の怪魚などビッグフィッシュを対象としていながら、
ロッドと一体となるように高さを抑えたコンパクトなロープロベイトリール。

100g相当の重たいメタルジグでもストレスなくキャストでき、かつパワーファイトも得意とする頼りになる対モンスターリール。

自重(g) 406g 最大ドラグ(kg) 10
巻き取り長(cm) 107 巻糸量(m) PE3号/350m
ベアリング数 6/1 ハンドル長(cm) 非公表