違法釣り人問題を抱える港や堤防!規制せざる得ないジレンマ

新潟市の新潟西港や東港では長い防波堤が海に突き出している陸続きの場所があり、釣り人にとっては絶好のポイントですがここは一部が解放されているものの釣り禁止区域です。

2011年からは新潟東港は部分的に開放が認められていますが、それでも…。




釣り人の心理

画像:BSN新潟放送

「たくさん釣りたい」、「大きいのが釣りたい」こう思うのは釣り人の性。

インタビューを聞くと禁止されている区域で釣りをするのは何かあったときに他人にも迷惑をかけるのでいけないとわかってはいるけど、釣果のためにそこへ行ってしまうといいます。

有料でいいので釣りをさせてほしい

禁止区域にまで入り釣りをするのはもちろんいけないことですが、釣りをしたい人たちのために一部を有料化して開放ている区域もあります。

多少のお金を払ってでも釣りをしたいのが釣り人の心理。

私だって海ではなく湖でも禁止になたっところもありましたが、有料でいいので釣りをさせてくれって思いましたから。

大物が釣れそうな海に面した水深のある港湾部となるとなおさらでしょう。釣りができる場所がほしいんです。

有料化しても管理費との採算が合わず断念することも

ただし新潟西港のように港の全長が1.5キロもあるような広い場所では、警備にあたる人の人件費もかさみ一部しか解放できない事情から釣り人も少なく結局閉鎖せざる得ない場合もあるのです。

危険は防止するべきだけど、釣りはさせてあげたい行政と釣りをしたい釣り人との気持ちは同じなのだと思いましたが結局、管理費用などの金銭的な問題でジレンマを抱えています。

ネットの声=====
救助捜索を有料にして料金表出しとけばいい自己責任ってそういうことでしょ?なんかあったら助けてくれるとか甘えでしかない何故海上保安庁の皆さんが危険を背負わなきゃいかんのか?私も釣りやるけどちゃんと足場のいいとこで装備を揃えてマナー守ってやってる人に迷惑かけないのは最低限やろ?

発端は柏崎の防波堤での事故後に流された被害者が自治体だったかを訴えたことじゃあなかったか? ダメなものはダメだが、他県に比べて防波堤での釣りができるところが著しく制限されて、釣り好きとしては辛いのも事実。有料でいいから、県内の防波堤を釣り場として整備することも積極的にやってほしい。

新潟は一回釣りをしてみよっとしたことあるけどそもそも進入禁止じゃない堤防がないので、堤防で釣りをしたかったら必然的に禁止区域で釣りをすることになると思います。僕のよく言ってた地方ではほぼ駐車場が一日500円で、堂々と釣りをさせてもらえるのでありがたいです。

山は自由にハイキングができ駐車場も完備されているのに海は広い割に入る場所がない更に海遊びのための駐車場や路肩のパーキングほとんど整備されていない、必然的に防波堤や堤防漁港などに集中するもっと広く開放してほしい

管理しているNPOに問題あるのでは?危険な場所は立ち入り禁止でいい。そこあえて管理しなくても。入って緊急事態になった場合は完全自己負担。自己責任。

危険だと言っているのに釣らせろと言う相手には完全自己責任を前提に開放したら良い。で、海難事故が起きても絶対助けなければ良いです。それでも釣りたいと言うなら、あとは個人の問題。危機管理能力の無い人間はそれくらいしないと反省も理解もしない。