ショアジギングロッドおすすめ!タイプと長さの決め方と目的に合った推奨10本

ショアジギングロッドをこれから揃えるという人のために適切な選び方とおすすめをご紹介します。

船に乗るほど準備もお金もかからず大きな青物が狙える近年賑わいを見せているショアジギングでロッドはかなり重要な要素です。

長さタイプ(硬さ)の決め方を指南し、目的別におすすめラインナップをご紹介します。

ショアジギングロッドの長さ

ショアジギングロッド
記事内引用画像すべて:Alghadirschool.com

ショアは飛距離重視で長い方が有利という考えはNG
ショアジギングで使用するロッドは沖合に船で出てベイトが回遊している場所の近くから狙える釣りではないために飛距離重視とイメージしやすくロッドの長さも長い方が有利と思われがちですが長ければ長い方がいいというのは間違いです。

ショアジギングのロッドの長さは基本、自分の背丈や体力にあったものを選ばないと釣果が追い付きません。

その理由にショアジギングならではの釣り方が関係しています。

ショアジギングはキャスト回数=釣果

ショアジギングロッドの長さは10フィートを軸考え、自分の体格に合わせて、身長が170cm前後の人なら10フィートまたは、もうひとつ短い9.6フィート。

背が180cm前後で体格にもパワーにも自信がある人は10フィートから10.6フィートがベストな選択です。体型に合った長さの選び方をおすすめします。

オフショアでは青物が居るであろう場所まで近づいて行けますが、ショアジギングの場合はほぼ回遊待ち。何度もキャストを繰り返しキャスト回数=アタリが増えるためにフルキャストを長時間繰り返せることがショアジギングロッドの選択にとって大事なことなのです。

自分の体格に合っていないロッドだとすぐに疲れてしまい長く釣りが続けれらなくなってしまうからです。

自分の体格や体力に見合った長さを選ぶ

ショアジギングロッドのタイプ(硬さ)

ショアジギングロッドの硬さ
初心者ならMまたはMHがベター
長さの次に選ぶ目安となるのがロッドのタイプです。いわゆる硬さのことでキャスト可能なルアーの許容重量で決まります。

使うルアーの重さや行くポイントの水深と潮流などによって変わってきますが、おおよそショアジギングでメインとなるジグなどの重さは40g~60gで、その重さがロッドの許容重量の範囲でいちばん中核的な硬さのMタイプ、もしくはMHクラスが一番無難な選択です。

初心者のまず1本にはこれくらいがおすすめです。

MLでは40gくらいまでなら快適なキャストが体感できますが、要は”ファイトの主導権とランディング”です。MLだと60センチクラスのハマチクラスが掛かると正直しんどいです。

ただし、今度Hクラスまでいくと通常の堤防や地磯からでは、ロッドパワーはあるので大物の引きでも充分にロッドが役割を果たしてくれますが、思いのほか硬いので40gくらいのルアーを投げるときに上手くキャストが決まり難くなってしまいます。

MタイプかMHタイプがベターな選択

沖堤防や足場の高い磯などではあまり柔らかいロッドではファイトや取り込みに苦戦してしまうので硬めのタイプのHクラスを選びます。

他の釣り種のロッドとの代用はありかなしか?


ターゲットが青物であるならシーバスロッドは×
他のキャスティングの釣り種でもある長めのシーバスロッドなどをショアジギングロッドの代用としておすすめしている人もいますが、一概に代用ができると判断するのは早計です。

ショアジギングで何を釣ろうとしているのかで決まってくるからです。ターゲットの魚種がヒラメやヒラスズ~、サゴシクラス(40cmほどの小型のサワラ)なら代用は可能ですが、

ただしショアジギングする大半の人が狙っているのは青物です!

やってみるとわかりますが、ハタ科のハードロックフィッシュや60cmほどの中型のハマチ(ワラサ)でも、グングン潜っていくのでブランクスが細くてパワーがないロッドでは根から剥がし切れずファイトの主導権を持っていかれて、取り込みにめちゃくちゃ時間が掛かってしまいます。

ランディングに手こずっていると途中でバラシてしまうこともあります。

それでも構わないのでしたら代用も可能ですが、せっかくショアジギングのために新たに1本ロッドを新調するのならターゲットに合うロッドを選んだ方がいいと思いませんか?

自分はメーカーの回し者でもないですし決して押し売りしているのではありません。青物ターゲットでショアジギングロッドを選ぶのなら他の釣り種との代用は辞めておいた方がいいという経験値からのアドバイスです。

あとは自己責任でどうぞ。

青物ターゲットなら他の釣り種との代用はおすすめしない

おすすめショアジギングロッド

では最後になってしまいましたが、お待たせしました! 
これまでお話しした長さやタイプの条件を元に、メーカーや目的別におすすめのショアジギングロッドをご紹介いたします。

 

ダイワの一押し!おすすめショアジギングロッド

ダイワ ジグキャスター MX96MHまたは106MH
ジギングロッドで人気の高いダイワ。このメーカーでショアからの重たいジグのキャスティングにおすすめはこちらのジグキャスターMXです。

お値段はミドルクラスですが、ハイエンドクラスにせまる性能でこの価格であればダイワで一番おすすめのショアジギングロッドです。

遠投でき、しかもパワーのための肉厚なブランクス。しかもそれでいて疲労を軽減する軽量さ。遠投性能とコントロール性のバランスに優れたロッドです。

 

シマノの一押し!おすすめショアジギングロッド

シマノ コルトスナイパーSS S100MH
シマノで選ぶショアジギングロッドで憧れ的存在のコルトスナイパーのハイパフォーマンスモデルがこちらSSです。

このクラス(価格帯)のロッドでキャスト時の不快なロッドのねじれやパワーロスを極限まで抑えられる独自のスパイラルXとハイパワーXで基本構造がされており必要十分でシマノのショアジギングロッドでは一番おすすめ。

初級者の最初の1本にもちろんのこと、中級者の買い替えにもおすすめできる性能を備えています。

高い崖を降りていくような磯の釣り座などに便利な移動時のコンパクト性能に優れた振り出しタイプも用意されています。

 

ベイトの一押し!おすすめショアジギングロッド

シマノコルトスナイパーXR B100M
太いラインが使用できファイト中のパワーが出しやすいベイトロッドのおすすめは、先ほどのSSのひとつ上のグレードになるコルトスナイパーXRはショアジギング専用のベイトロッドです。

スプールの向きとキャストする方向が一直線になるベイトロッドは太いラインを用いる場合、遠投性能はスピニングよりも優れており特筆すべきは何といってもそのパワー。

小魚の群れの下に潜む大型青物やハタやクエなどのランディングには力強く根から剝がし取れるベイトロッドをおすすめ。はじめから「俺は大型しか釣らない!」という人向きです。

コスパ抜群なおすすめショアジギングロッド

ダイワ ジグキャスター 100MH・N
実売価格で15,000円前後で青物の強い引きにも耐え軽量なショアジギングロッドでおすすめはこちらのジグキャスターです。

性能と価格を比べた時のコストパフォーマンスは抜群!

最初の1本にすると多少考えるレベルですが、はじめからある程度の性能を持ったロッドを選んでおこうと思う人には最適だと思います。

あと少しだけ予算が足せて長く使えるショアジギングロッドを探していた人におすすめ。

シマノ コルトスナイパーBB S96MまたはS100M
コスパの高いショアジギングロッドのおすすめで、東がジグキャスターならば西はコルトスナイパーBB!!

実売価も20,000円を切っていて、パワーもありキャスト時に感じる軽さを実現し、上級クラスに採用されているネジリ剛性を高めるハイパワーXが惜しげもなく採用されている高性能なミドルクラスモデル。

このあたりは完全にS派かD派かの好みの問題になるでしょう。

アブガルシア ソルティースタイルライトショアジギング STLS-962L20-KR
もっと手軽にショアからのジギングゲームを楽しんでもらおうというコンセプトで開発されたアブガルシアのソルティースタイルのライトショアジギングモデル。

ジグの重さも50gまでキャスト可能で、メインは中型青物ですが不意の大物にも対応できるバッドパワーを持っており販売価格が15,000円前後なのでコスパは抜群!

少しスタイリッシュに釣りを楽しみたい人に人気のあるアブガルシアでコスパ重視のショアジギングロッドならこちらがおすすめ

初心者向けおすすめショアジギングロッド

メジャークラフト18 ソルパラ ショアジギングSPX-962MH
ショアジギング初心者におすすめなのはこのメジャークラフトのnewソルパラ!青物にまで対応している入手しやすい安い価格の廉価版のロッドの中ではおそらく群を抜いて人気のあるロッドシリーズです。

あの超有名な釣りユーチューバーの釣りよかのよーらいさんがショアから巨大ブリを釣り上げ、ランディングに苦労して近くに居合わせた釣り人のシャフトで上げてもらった時に使っていたロッドもソルパラ(旧)でした。

10,000円を切るこの価格なら後でしなくなっても後悔することは少ないでしょう。

アブガルシア クロスフィールド XRFS-1032M
ショアジギング初級者におすすめのロッドはまだあります。それがこのアブガルシアのクロスフィールド。

あらゆる魚種に対応できるように開発されたバーサタイルでベーシックなラインナップの中でショアジギングに特化したモデルがこちら。

青物はもちろん北のショアジギングの代表であるサケや海サクラマスなどにも対応できるほどの性能もあり、これも10,000前後で手に入れることができる初級者におすすめの1本です。

中級者向けおすすめショアジギングロッド

アピア グランデージSTD 96MHまたは106MH
もう言わずと知れた人気のロッドでして若い世代に信者の多いメーカーというイメージがあり、アピアのショアジギングロッドを使用しているというだけで30代40代でもあか抜けた印象を持ってしまうほどのブランド力があります。

お値段的には30,000円を切る範囲内のミドルクラスのちょい上目。

この価格を払ってでもこのグランデージSTDを選ぶ価値は性能はもちろんのこと、それ以外に所有し釣っているものだけが感じ取れる何かがアングラーを惹きつけています。

オリムピック 19リモートGORMS-1003M
こちらもショアジギング上級者におすすめしたいロッドのオリムピックのリモート。

Y社と並ぶ日本が誇る純日本製で組み上げられるロッドメーカーのひとつでオリムピックもまた知る人ぞ知る日本の高級ロッドメーカーの名門。

自分も使っていた事がありますが、信頼度と釣ったときの満足度は異次元の世界を感じられます。あまり通販でも手に入れにくいのが希少価値の高さの証拠でもあります。

テクニックもさることながらロッドもランクアップさせたい中級者以上のアングラーに

上級者向けおすすめショアジギングロッド

ヤマガブランクス ブルースナイパー 100M
より快適にワンランク上のショアジギングロッドを求める上級者におすすめしたいのがこちらのヤマガブランクスのブルースナイパーです。

軽やかでシャープなキャストフィーリングに加えて釣り人の完全主導で思いのままに魚をいなす操作性を発揮します。また硬いだけのショアジギングロッドが多い中、粘りながらファイトを思う存分に楽しめるのはヤマガブランクスが持つカーボン織技術のなせる技です。

これで釣っているだけで感じるステイタス性も持ち併せているので、ロッドも自分自身のモチベーションもレベルアップを図りたい上級者におすすめします。