ショアジギングロッドおすすめ!長さや硬さの選び方とショア青物と対峙する推奨の剣13本

ショアジギングロッドをこれから揃えるという人のために適切な選び方とおすすめをご紹介します。

船に乗るほど準備もお金もかからず大きな青物が狙える近年賑わいを見せているショアジギングでロッドはかなり重要な要素です。

長さタイプ(硬さ)の決め方を指南し、目的別におすすめラインナップをご紹介します。

ショアジギングロッドの長さの選び方

ショアジギングロッド
画像:Alghadirschool.com

ショアは飛距離重視で長い方が有利という考えはNG
ショアジギングで使用するロッドは沖合に船で出てベイトが回遊している場所の近くから狙える釣りではないために飛距離重視とイメージしやすくロッドの長さも長い方が有利と思われがちですが長ければ長い方がいいというのは間違いです。

ショアジギングのロッドの長さは基本、自分の背丈や体力にあったものを選ばないと釣果が追い付きません。

その理由にショアジギングならではの釣り方が関係しています。

ショアジギングロッドの長さは自分の身体に合わせて選ぶ

ショアジギングはキャスト回数=釣果
ショアジギングの場合はほぼ回遊待ちの釣りです。何度もキャストを繰り返しキャスト回数=アタリが増えるためにフルキャストを長時間繰り返せることがショアジギングロッドの選択にとって大事なことになってきます。

自分の体格に合っていないロッドだとすぐに疲れてしまい長く釣りが続けれらなくなってしまうからです。

ショアジギングロッドの長さは10フィートを軸考え、自分の体格に合わせて、身長が170cm前後の人なら10フィートまたは、もうひとつ短い9.6フィート。

背が180cm前後で体格にもパワーにも自信がある人は10フィートから10.6フィートがベストな選択です。あと足場が10m~20mあるような磯の釣り座などでは10.10も選択肢の一つ(僕の場合は取り回しも考え10ft)です。

どちらにせよ、体型に合った長さの選び方をおすすめします。

自分の体格や体力に見合った長さを選ぶ

ショアジギングロッドのタイプ(硬さ)の選び方

ショアジギングロッドの硬さ
画像:Alghadirschool.com

初心者ならMまたはMHがベター
長さの次に選ぶ目安となるのがロッドのタイプです。いわゆる硬さのことでキャスト可能なルアーの許容重量で決まります。

使うルアーの重さや行くポイントの水深と潮流などによって変わってきますが、おおよそショアジギングでメインとなるジグなどの重さは40g~60gで、その重さがロッドの許容重量の範囲でいちばん中核的な硬さのMタイプ、もしくはMHクラスが一番無難な選択です。

初心者のまず1本にはこれくらいがおすすめです。

MLでは40gくらいまでなら快適なキャストが体感できますが、要は”ファイトの主導権とランディング”です。MLだと60センチクラスのハマチクラスが掛かると正直ちょっとしんどいです。

ただし、今度Hクラスまでいくと通常の堤防や地磯からでは、ロッドパワーはあるので大物の引きでも充分にロッドが役割を果たしてくれますが、思いのほか硬いので40gくらいのルアーを投げるときに上手くキャストが決まり難くなってしまいます。

MタイプかMHタイプがベターな選択

もう少し重たい~100gくらいのジグを遠投して使ったりしたい場合や、沖堤防や足場の高い磯などではあまり柔らかいロッドではファイトや取り込みに苦戦してしまうので硬めのタイプのH、XHクラスを選びます。

それではみなさんお待たせしました!

ここからは、これまでお話しした長さやタイプの条件を元に、メーカーや目的別におすすめのショアジギングロッドをご紹介いたします!!

ダイワのおすすめショアジギングロッド

ショアジギングをすでに始めている人たちからも人気の高いダイワのロッドのご紹介です。

かなり前からショアジギングが流行る以前から青物とか大型魚の釣りでは一定の評価があり、僕に青物釣りの楽しさを教えてくれたジギンガーが使っていたのがダイワのロッドでしたし僕もいま使っているロッドはダイワです。

ショア青物に対応できるロッドをセレクトしたおすすめのロッドをご覧ください。

ダイワ ショアジギングX 96MH

長さft(m) 10(3.05) ルアー許容重量(g) 15~65
自重(g) 290 適合ライン(号) 1.5~3
継数 2 カーボン含有率(%) 94

昨今のショアジギングフィーバーで火が付いたダイワから2022年待望の新たに加わることになったショアジギングロッドの新しいエントリーモデルがこちらです。

扱いやすさに拘り投げやすい調子設計になっており、メタルジグはもちろんプラグルアーまでを遠投しやすくなっています。ワラサ(ハマチ)やサワラやシイラはもちろん、ハタ科の大型魚にも最適なレングスとパワーを持っています。

発売開始は5月ごろと予想されますが現在でも予約注文が可能です。

ダイワ オーバーゼアAIR 103MH

長さft(m) 10.3(3.12) ルアー許容重量(g) 12~65
自重(g) 189 適合ライン(号) 1.0~2.5
継数 2 カーボン含有率(%) 95

僕が選んだダイワのショアジギングロッドの一押しはこちらオーバーゼアAIR。数々の大物記録を持つ高橋慶朗さんが150cmのオオニベを釣り上げたのが、まさにこのロッド!!

ジグやプラグを使用した青物だけでなくショアラバを使った大鯛やヒラメ、ロックフィッシュまでもが射程範囲。

大型も獲れるパワーと軽さのある操作性は文句なしでしょう。

ダイワ ジグキャスター 100MH・N

ダイワに拘るショアジギング初心者の方の入門用に!!

長さft(m) 10(3.05) ルアー許容重量(g) 15~65
自重(g) 245 適合ライン(号) 1.5~3
継数 2 カーボン含有率(%) 97

実売価格で15,000円前後で青物の強い引きにも耐え軽量なショアジギングロッドでおすすめはこちらのジグキャスターです。

性能と価格を比べた時のコストパフォーマンスは抜群!

最初の1本にすると多少考えるレベルですが、はじめからある程度の性能を持ったロッドを選んでおこうと思う人には最適だと思います。

あと少しだけ予算が足せて長く使えるショアジギングロッドを探していた人におすすめ。

シマノのおすすめショアジギングロッド

ここからは現時点で選んだシマノのおすすめショアジギングロッドをご紹介します。

ショアジギングでのシマノのイメージから言うと依然の僕はヒラメやシーバスなどのイメージの方が強い感じがしてましたが、当然のごとくしっかりあるんですシマノにも青物に適したショアジギングロッドが!!

ご紹介するコルトスナイパーはシマノを代表する、まさにショアキャスティングゲームの本格派ロッドです。

シマノ コルトスナイパーXR S100M

長さft(m) 10.0(3.05) ルアー許容重量(g) ジグ70/プラグ56
自重(g) 282 適合ライン(号) MAX3
継数 2 カーボン含有率(%) 99.8

シマノのコルトスナイパーシリーズのロッドの中ではミドルクラスに位置するXRですが、30g程度のジグを多用するSLJ向きなMLクラスから大型のプラッキングゲームまで対応できるXHまであり、

なおかつシリーズ唯一ベイトロッドが用意されいてるなどラインナップの多さもって、シリーズ中もっとも人気が高いロッドです。

シマノ コルトスナイパーBB S100M

長さft(m) 10.0(3.05) ルアー許容重量(g) ジグ60/プラグ45
自重(g) 266 適合ライン(号) MAX2.5
継数 2 カーボン含有率(%) 99.9

コルトスナイパーの中でエントリーモデルの位置づけ。コスパの高いショアジギングロッドのおすすめで、東がジグキャスターならば西はコルトスナイパーBB!!

実売価も20,000円を切っていて、パワーもありキャスト時に感じる軽さを実現し、上級クラスに採用されているネジリ剛性を高めるハイパワーXが惜しげもなく採用されている高性能なミドルクラスモデル。

このあたりは完全にS派かD派かの好みの問題になるでしょう。

シマノ コルトスナイパーSS S100MH

長さft(m) 10.0(3.05) ルアー許容重量(g) ジグ80/プラグ65
自重(g) 260 適合ライン(号) MAX3
継数 2 カーボン含有率(%) 99.8

シマノで選ぶショアジギングロッドで憧れ的存在のコルトスナイパーのハイパフォーマンスモデルがこちらSSです。

このクラス(価格帯)のロッドでキャスト時の不快なロッドのねじれやパワーロスを極限まで抑えられる独自のスパイラルXとハイパワーXで基本構造がされており必要十分でシマノのショアジギングロッドでは一番おすすめ。

初級者の最初の1本にもちろんのこと、中級者の買い替えにもおすすめできる性能を備えています。

高い崖を降りていくような磯の釣り座などに便利な移動時のコンパクト性能に優れた振り出しタイプも用意されています。

その他おすすめショアジギングロッド

ダイワやシマノのほかにも青物まで対応できる素晴らしいロッドが他のメーカーにもたくさんあります。

ここからはその中でも選りすぐっておすすめのショアジギングロッドをご紹介します。

アピア グランデージXD 100H

長さft(m) 10’0′(3.05) ルアー許容重量(g) 40~100
自重(g) 325 適合ライン(号) ~3
継数 2 ドラグMAX 7kg

もう言わずと知れた人気のロッドでして若い世代に信者の多いメーカーというイメージがあり、アピアのショアジギングロッドを使用しているというだけで30代40代でもあか抜けた印象を持ってしまうほどのブランド力があります。

お値段的には30,000円を切る範囲内のミドルクラスのちょい上目。

この価格を払ってでもこのグランデージを選ぶ価値は性能はもちろんのこと、それ以外に所有し釣っているものだけが感じ取れる何かがアングラーを惹きつけています。

ジャンプライズ オールウェイク 107 ハイパーフュージョン

長さft(m) 10.7(3.23) ルアー許容重量(g) 10〜48
自重(g) 192 適合ライン(号) 1.2〜1.7
継数 2 適合リーダー 25〜40lb

高い評価のあった108モンスターバトルの遠投性能とパワーに、同社のベイトサイズが小さいときに用いりやすい105マルチの
しなやかであり粘りのあるティップを融合させたジャンプライズの自信作!!

80m~100m先へ送れる遠投できるレングスと大型青物に主導権を与えずにリフトさせるパワーを持たせたまま、小型ルアーの操作性と、活性の低いタフコンでの微弱なバイトもフッキングに持ち込む柔軟なティップを併せ持つことでキャッチ率が各段にアップしています。

いろいろ考え方の違いがあると思いますし好みの問題もあると思いますがショアジギングのロッドでもこの食いこみに追従できる弾かないティップはかなり自分好みでおすすめです!

ヤマガブランクス ブルースナイパー 100M

長さft(m) 10.0(3.07) ルアー許容重量(g) ジグ80/プラグ50
自重(g) 245 適合ライン(号) MAX3
継数 2 カーボン含有率(%) 99.8

より快適にワンランク上のショアジギングロッドを求める上級者におすすめしたいのがこちらのヤマガブランクスのブルースナイパーです。

軽やかでシャープなキャストフィーリングに加えて釣り人の完全主導で思いのままに魚をいなす操作性を発揮します。また硬いだけのショアジギングロッドが多い中、粘りながらファイトを思う存分に楽しめるのはヤマガブランクスが持つカーボン織技術のなせる技です。

これで釣っているだけで感じるステイタス性も持ち併せているので、ロッドも自分自身のモチベーションもレベルアップを図りたい上級者におすすめします。

オリムピック 19リモートGORMS-1003M

長さft(m) 10.0(3.05) ルアー許容重量(g) ジグ80/プラグ50
自重(g) 289 適合ライン(号) MAX3
継数 2 テーパー レギュラーファースト

こちらもショアジギング上級者におすすめしたいロッドのオリムピックのリモート。

Y社と並ぶ日本が誇る純日本製で組み上げられるロッドメーカーのひとつでオリムピックもまた知る人ぞ知る日本の高級ロッドメーカーの名門。

自分も使っていた事がありますが、信頼度と釣ったときの満足度は異次元の世界を感じられます。あまり通販でも手に入れにくいのが希少価値の高さの証拠でもあります。

テクニックもさることながらロッドもランクアップさせたい中級者以上のアングラーにおすすめです。

【初心者向け】ショアジギングロッドのおすすめ

ここからはショアジギング初心者の方向けにおすすめのロッドをご紹介します。

価格的にいうともっと安いロッドもたくさんありますが、お値段がそれほど変わらない範囲内でそこそこ性能の良いコスパの高いものが実用的であっておすすめですので、そういった観点からセレクトしてみました。

メジャークラフト 18ソルパラ ショアジギング SPX-1002MH

長さft(m) 10.0(3.05) ルアー許容重量(g) 60±20
自重(g) 未公表 適合ライン(号) 1~3
継数 2 テーパー レギュラーファースト

ショアジギング初心者におすすめなのはこのメジャークラフトのnewソルパラ!青物にまで対応している入手しやすい安い価格の廉価版のロッドの中ではおそらく群を抜いて人気のあるロッドシリーズです。

あの超有名な釣りユーチューバーの釣りよかのよーらいさんがショアから巨大ブリを釣り上げ、ランディングに苦労して近くに居合わせた釣り人のシャフトで上げてもらった時に使っていたロッドもソルパラ(旧)でした。

10,000円を切るこの価格なら後でしなくなっても後悔することは少ないでしょう。

アブガルシア ソルティースタイルライトショアジギング STLS-962M40-KR

長さft(m) 9.6(2.90) ルアー許容重量(g) 10~50
自重(g) 174 適合ライン(号) 0.8~1.5
継数 2 カーボン含有率(%) 98

もっと手軽にショアからのジギングゲームを楽しんでもらおうというコンセプトで開発されたアブガルシアのソルティースタイルのライトショアジギングモデル。

ジグの重さも50gまでキャスト可能で、メインは中型青物ですが不意の大物にも対応できるバッドパワーを持っており販売価格が15,000円前後なのでコスパは抜群!

少しスタイリッシュに釣りを楽しみたい人に人気のあるアブガルシアでコスパ重視のショアジギングロッドならこちらがおすすめ

アブガルシア クロスフィールド XRFS-1032M

長さft(m) 10.3(3.12) ルアー許容重量(g) 10~50
自重(g) 269 適合ライン(号) 1~3
継数 2 カーボン含有率(%) 98

ショアジギング初級者におすすめのロッドはまだあります。それがこのアブガルシアのクロスフィールド。

あらゆる魚種に対応できるように開発されたバーサタイルでベーシックなラインナップの中でショアジギングに特化したモデルがこちら。

青物はもちろん北のショアジギングの代表であるサケや海サクラマスなどにも対応できるほどの性能もあり、これも10,000前後で手に入れることができる初級者におすすめの1本です。

ショアジギングのベイトロッドのおすすめ

太いラインが使用できファイト中にも余裕のあるベイトロッドをショアジギングで使いたいという人もいることでしょう。

スプールの向きとキャストする方向が一直線になるベイトロッドは太いラインを用いる場合、遠投性能はスピニングよりも優れていると言われているので、飛距離は問題なく特筆すべきは何といってもそのパワー。

小魚の群れの下に潜む大型青物やハタやクエなどのランディングには力強く根から?がし取れるベイトロッドをおすすめ。はじめから「俺は大型しか釣らない!」という人向きかもしれません。

ショアジギングで使うベイトロッドのおすすめについては別ページでSJMさんがご紹介しています。
興味をお持ちの方はこちらをご覧ください▼