シーバスのおすすめのナイロンライン!選ぶことのメリットとデメリット

シーバス用ラインでナイロンは適しているのかどうか?というご質問を良く頂いていたのでこちらで解説します。

自分でナイロンラインをシーバスに用いた場合のメリットとデメリットを検証してみました。

検証結果から考察しシーバスに適したおすすめナイロンのラインをご紹介いたします。




シーバスでラインをナイロンにするメリットとデメリット

昨今のシーバスシーンでは間違いなく使用するラインは「PE」が全盛です。というよりかはそれが意外選択肢がないといっても決して言い過ぎではありません。

そんな中、あえてナイロンを使うアングラーのためにナイロンラインの悪いところ、良いところ全部聞いてもらい、実際「じゃあ、シーバスでナイロンって使えるの?」というナイロン・ラインの疑問にお応えします。

シーバスでナイロンを使うメリットとデメリット

メリット…と聞かれると率直に言ってあまり浮かばないのですが、デメリットなら浮かんできます。

ナイロンラインの寿命

ナイロンは劣化しやすいという点がいちばんに上がります。

1月に一度くらいの釣行であればワンシーズンくらいは持つ可能性もありますが、それでも伸びたり巻き癖が治らなかったりワンシーズンを思うように使いこなせないのが現状です。

それに比例してPEは同じくらいの釣行頻度であればワンシーズン持ちます。150m巻のPEだとするとせいぜい毎回使っているラインの長さは75mくらいなのでワンシーズン過ごした後、ラインをいったん外して使っていた側とは反対に巻き直せば裏オモテで2シーズン使えます。

感度の比較

次に、ナイロンは伸縮性があるので「感度がPEにくらべて落ちる」という点。
感度はPEの比較になりません。

ただこのデメリットでもある伸縮性が、「吸い込みやすさ」を出すこともあり、その吸い込みやすさを利用してフッキングがバレやすいトップでの釣りや食いが浅くなる活性が低いときに有効だとされてきた経緯があります。

が、しかしその吸い込みやすさとかフッキングはテクニックでカバーできます。食ってきたときにすぐにアワセを入れずに少しラインを送ってやればいいのです。ほんのコンマ何秒の話で経験が必要ですけど…。

飛距離や感度を犠牲にしてまで選ぶ必要性はあまりないということになります。

強度

ナイロンはPEに比べて、横スレに強く、縦の伸びに対しては弱いです。

この横スレに強いという利点を生かして、根の多い複雑なストラクチャーの上を通すときに良いのですが、これもまた、それだけの理由であればPEを本線にリーダーを長めにとるだけでいいです。

直結はナイロンの唯一のメリット!?

ナイロンは元々横スレには強いので途中にフロロのリーダーを組んだりしなくても直結でOKです。

またナイロンは伸びやすく、PEに比べてロッドアクションを吸い込んでしまい上手くルアーをコントロールしにくいためフッキングにも影響してきます。途中にスナップもつけずに「直結」がいいです。

PEだと根掛かりしてラインが切れてしまったときにラインシステムを組み直さなければいけませんが、ナイロンなら一度切れてもすぐに結び直すだけで釣りを再開できる

これが唯一のメリットと呼べるかどうかはわかりませんが…。

使いどころを考えればシーバスでナイロンもあり!

シーバスラインのナイロンおすすめ
シーバスでナイロンラインという選択肢はあるのかどうかをPEと比較してみて、いきついた結論はなんと「シーバスにおいてPE以外を選択する理由がない」(笑)とまで言ってしまいましたが・・・

そんななか、この見出し「シーバスおすすめナイロン」www

何故かと申しますと、

結局のところ、基本的なシーバスの釣り方を基本にすると「感度と飛距離を優先して、かつ強度も」という条件でのもとで考えて出た「一般的な見解」から導き出した結果でして、違う釣り方では使い道もあるということです。

もっとわかりやすく言うと、私はデイゲームで陸っぱりからでも届くような橋脚回りや、護岸際スレスレなどよく打つのですが、そのようなピン打ちの時はほとんど飛距離なんて必要としてませんし、沈んでくれる比重の重たいもののほうが攻めやすくフロロかナイロンなんです。タックルはベイトです。

そしてストラクチャー周りは根が深くラインも切れやすい場所が多く、横擦れに弱いPEよりもナイロンのほうがトラブルが少なく、頻繁に起こる根掛かりにもPEだとラインシステムを組みなおす必要があるのですが、

ナイロンの場合切れたところからルアーを結び変えればすぐに釣りを再開できます。対処がしやすいのがもうひとつの利点になります。

このように、足元近くのストラクチャーのピン撃ちやボートシーバスの穴撃ち等はナイロンも大いに使い道があるということなのです。

そこで、じゃあそんなシーバスシーンでのおすすめなナイロンは?

シーバスで使うナイロンラインの選び方

シーバスはソルトウォーターに分類されています。そうです淡水と海水が混じった汽水域での釣りが多いですがシーバスのいる水は塩分があります。この塩分がナイロンなど強度の低いラインの劣化を早めさせているのです。

ブラックバス用などフレッシュウォーター用を海水で使うと、間違いなく劣化が早いです。

シーバスでナイロンを使う場合は必ず、「ソルトウォーター用」を選びましょう。

シーバスでナイロンを使用する人のためのおすすめ・ライン

ファメル ソルトウォーター ナイロン
ナイロンなどにありがちな、巻き癖がつきにくくしなやかなナイロンラインでソルトウォーターフィッシングに必要なタフさを備えたパワフル設計。
ホワイトブルーカラーはナイトゲームでの視認性を各段にアップしてくれます。

ソルトのナイロンではいちばん売れてます!!

ダイワ モアザン デュラブラ1500 150m
あのダイワのモアザンの信頼性抜群のナイロン!
商品名のデュラブラとはDURABLE(丈夫な)とHIGH ABRASION(高耐摩耗性)を組み合わせた造語。その名の通り先代モデルと比較すると約1500%(15倍)の強度を誇る。

強度もさることながら、しなやかな扱いやすさも◎

カラーは昼夜ともに視認性が良いライムグリーン。

シーバスに最適なナイロンラインの号数

8lb~12lbくらいが一番使いやすいです。それ以上太いと巻き癖もつきやすくかえってライントラブルが増える原因にもなります。

70cm以上のランカーしか狙わないという方は14lbでもいいかもしれませんが…。そこまでいくともうフロロのほうが良い気がします。

ナイロンの寿命と交換タイミング

最近のナイロンラインには、ソルトウォーター用に開発されたものも多く耐摩耗性が高く劣化もしにくくなりました。

けれどやはり、PEに比べると劣化がしやすいのも確かです。PEでは一年もつものがナイロンでは月に1度くらいの使用頻度でも半年くらいを目途に交換するといいです。

値段がほぼPEの半値なのでそれくらいで交換しても嫌な気になりません。

”リーダーにナイロン”はシーバスにおいてアリ

ナイロン特有のタテの伸びやすさや横スレの強さを生かして、リーダーにナイロンという選択はありだと思います。

ポッパーやフローティングのペンシルベイトでトップで狙う場合には、比重の重たいフロロのリーダーでは沈んでしまい、浮いていなければいけないルアーが本来の動きをしてくれない可能性も出てきます。塩分濃度の低い河川上流や湖ではこの違いが顕著に現れます。

このために水面に浮いてくれやすく、伸びて吸い込みされやすいナイロンは

トップのリーダーとしてなら使える

と思います。

バリバス ショックリーダー シーバス ナイロン


ただしほかの釣り方では、強度もフロロのほうが高いのでフロロカーボンのリーダーに軍配が上がります。