ゼロダン リグ

ルアーでチヌ(クロダイ)狙うときそこにいる!とわかっていても投げるのを躊躇してしまう根がかり多発地帯こそゼロダン!

チニングのリグの中でゼロダンは根の深いストラクチャーやウィード周りを攻めるのに抜群の威力を発揮します。そのチニングで使うゼロダンリグの作り方を伝授します。

砂地とか泥底ではなく牡蠣殻や小さいゴロタが点在するようなストラクチャーはチニングの絶好のポイント!
そういう場所こそ果敢に挑みたいところなんですけど、根がかりが怖くてなかなか思い切って攻めれない・・・。

そんなときにゼロダンの出番です!!

ボトムは切らさずに、底取りしながら絶妙な位置でワームがプカプカ~。たとえ石や岩に当たってもオフセットフックを使って
ワームの中に針先を元に戻しておけば根がかりの心配が減るという優れもの。

元々バサーから広まってソルトでは、岩礁やテトラ付近など根の深い場所を攻めていくカサゴなど根魚などでは一般的になっていたもの。

チニングでは関西地方の著名ポイントなどにおすすめのリグです。

ゼロダンのつくりかた

ゼロダンリグ自作
オフセットフックとシンカースイベル、スプリットリングを用意します。

オフセットフックは単にバス用を選ぶと堅いチヌの口あごを貫通させることができないどころか曲げられたりしてしまうので、根魚用の極太のものを選びます。

ここではパワースイベルを選びましたが、スプリットリングなしで簡単に固定できるオープンスイベルもあります。お好きな方を選んでください。自分の場合は作る手間かかかっても安心感ためパワースイベルにしました。

ゼロダンリグ自作
プライヤーを使ってスプリットリングをスイベルに通します。

器用な人はここで一度に、フックもシンカーもクルっと留めてしまうやり方を紹介している人もいたけど不器用な俺にはムリっぽかったのでひとつずつ・・・(汗)

おまけに画像ブレてるし見にくくてゴメンナサイ

セロダンリグ自作
どうしてもパワースイベルとか手持ちのもので作りたいとか俺みたいに不器用じゃないかぎりこの工程自体がいらないんですけど・・・(汗)

ま~大きなチヌを釣り上げた時のことを頭の中に描きながら頑張ってあともう少し!

ゼロダン自作
でもって、最後にフックを付けて出来上がり!!ま~まずまずな出来ですな^^

お金かけたくなかったので普通のナス型錘使いましたがゴロタや牡蠣ヒビの隙間に落ちるとそのまま引き上げできなくなってしまうこともあるので、同じ重さでも小さくできるタングステン銅のスリムシンカーがあればそちらの方がおすすめです。

自分のホームではほぼ砂地なのでこれで充分です。自分がチニングする、よく行く場所に合わせてリグのセットを選んでください。

こちらは最近発見したオープンスイベル

これなら作りやすくなる!
作り方はごらんの通り!引っ掛けるだけ!


MKリグ(マッキンリグ)

マッキンリグ

テキサスリグ

テキサスリグ

Oリグ(改良版)

Oリグ

ネガカリノタテ 自作