ヒラメ釣りのPEとリーダー!確実に釣るための選ぶ太さの目安とおすすめライン

ヒラメのルアー釣りのPEとリーダーについて解説します。ポイントによる釣り方の変化で決めるラインの太さの選び方から、PEに対するリーダーの号数の計算方法など基本的なことからノットの組み方やヒラメ釣りにおすすめのPEラインとリーダーをご紹介します。




ヒラメ釣りのPE選びの目安

画像:シマノ

現在フラットフィッシュゲームと呼ばれる(マゴチも含む)ヒラメ釣りのラインはPEの使用率は99%。飛距離や、離れた場所からでもアタリがダイレクトに伝わる伸びすぎない感度の良さなどヒラメ釣りに必要なラインの要素が凝縮されているのがPEです。

PEの仕様に伴ってリーダーの使用も必須となっています。

 

PEの太さはポイント毎の釣り方で選ぶ

画像:PhotoAC

PEの太さの選び方は釣行するポイントごとによる釣り方の違いで選ぶことが適切です。

釣れる釣れないの違いだけではなく、ヒラメを釣るまでのライントラブルを未然に防ぎスムーズに釣果に結び付けるためという役割も担っています。

飛距離と強度をとり、バランスの良い1.0号を基本にして面倒でもポイント毎に巻き替えたり、タックルを分けるなどしていることが望ましいです。

サーフ
遠浅で延々砂地のサーフなら0.8。根が荒いなら1.0
大きく開けたサーフでのヒラメ釣りならばPEの太さは0.8号でほぼ問題ないと思います。

ただ砂地だけではなく根が点在しているようなサーフなど、リーリングしてくるときにPEラインが横擦れすると予想される場合には1.0号にしたほうがいいです。

PEは細いほど飛距離も出ますし、食いも良くなりますが根ズレしてラインブレイクしていたのでは元も子もないのではじめて行くサーフでPEの号数に迷ったら1.0号にしておくのがベターでしょう。

 ドン深(急深)な場所やテトラ周り
ドン深やテトラ周りだと1.0~1.2
急に深くなるドン深のサーフは駆け上がりの部分が急な斜面になっているためアングラーの立ち位置からリーリングすると必ず斜面の角にラインが当たる計算になります。

またテトラポッドを攻める時は、そこに居着いたヒラメが食ってきたと同時にテトラの奥へ逃げ込まれることもありその場合テトラにPEが擦れて切れやすくなる。

陸続きの磯や、テトラポッドの周辺を狙うときなど周りにも障害物があるような場所では若干太めの1.2号がおすすめです。

 

4本撚りと8本撚りどちらがヒラメ釣り

極々細い樹脂の繊維を何本もまとめて束にしていることで縦の強度を持たせながら細く出来ることがPEラインです。

その束ねた本数により、4本撚り、8本撚り、強力なものだと12本撚りなどもあります。この本数が多いほど強度があります。

ヒラメ釣りに適しているのは「8本撚り」です。

ヒラメ釣りのリーダーの選ぶ目安

画像:DUO International

ヒラメ釣りに適したPEの太さや号数が決められたらリーダーは基本的な長さを覚えておけばあとは応用がいくらでも効きます。

 

ヒラメ釣りのリーダーの長さの目安

通常同じようなタックルで釣りができるシーバスではリーダーの長さは70センチ前後が基本となっていますが、もっとミドルレンジからボトムを中心に攻略するヒラメ釣りではリーダーの長さは1ヒロが基本となります。

足場が高い堤防や根の深い磯からで根ズレする場所が立ち位置から距離がある場合にはもう少し長く取りたくなりますが、

そうするとキャスト時に自然と垂らしを長く取らなければガイド抜けが悪くなり飛距離に損なうほか、ルアーアクションにも影響するため1ヒロくらいが妥当です。

 

リーダーの太さの選び方

画像:PhotoAC

リーダーの太さは基本的にPEを用いた他の魚種の釣りと考え方は同じです。下記のページでラインの太さに対してのリーダーの号数、強度の選び方を解説しています。併せてご覧ください。

リーダーの種類の使い分け

リーダーはフロロカーボンとナイロンと2種類があります。それぞれ特徴があり使い分けすることも可能です。

リーダーの種類を変えたからといって直接ヒラメ釣りの釣果に結びつくことはありませんが、少しでも釣りたいのであれば覚えておくとよい知識です。

 中層を中心に狙うとき
ヒラメのようなフィッシュイーターは自らの視点よりも上にいるベイトを意識して捕食する。ワームやシンペンなどで中層から上のレンジをねちねちと攻めたい場合には、比重の軽いナイロンリーダーがおすすめです。

また波の中でバラシが勃発している状況でも、伸びがあり吸い込ませやすいナイロン素材だとバラシが軽減されます。

 ボトム~ミドルレンジなら定番!?
この場合には通常のフロロカーボンで問題なしです。というよりはフロロの方が水キレがよくルアーが任意の位置に到達しやすいので中層以下のレンジでは扱いやすいです。

ただし初級者が釣る前に余りにも太さや種類に拘り過ぎると「○○でなければいけない」ということに成り兼ねないので釣れるようになるまではフロロカーボンを使用していれば間違いないでしょう。

ヒラメ釣りのPEラインの結び方

PEとリーダーの結び方は簡単でいて強い結束でもっとも汎用が効く【FGノット】で十分です。

外洋に面したサーフや磯で青物など不意の大物に遭遇したとしてもFGノットでも十分対応は可能です。

心配であればミッドノットでも構いませんが釣り場で再度組みなおす際にFGノットの方が外でもやりやすいです。

ヒラメ釣りにおすすめのPE

クレハ シーガー PEX8 ルアーエディション

一押しのPEラインはこちら!8本編みで1500円以下はコスパが非常に高くて初級者の最初のPEにおすすめするのはもちろんですが、現在ルアーフィッシングの世界でもっとも売れているリーダーのメーカーが作ったPEですから信頼度も抜群。

ベテランであっても、出費を抑えてPEを頻繁に交換したいと思っている人にもおすすめできるPEラインです☆彡

カラーはサーフでも視認性が高いパッションピンク。

アーマードF+ PRO

PEの樹脂素材を束ねるときに、中にフロロカーボンの繊維を組み込ませて横擦れに耐えうる強度を持たせたラインです。

根ズレが心配な磯や根が荒いドン深のサーフなどでの使用を前提におすすめできます。

横の擦れに強い分、同じ太さのPEよりは飛距離も感度も増します。多少ごわつく感じですがそれを理解して使っていれば問題ないです。

一度この強さとか感覚を試してみたいだけでしたら、アーマードf+PROではなく一つ下のf+で十分このPEラインの持つ特性は味わえます。

ヒラメ釣りにおすすめのショックリーダー

クレハ シーガー グランドマックスショックリーダー

もうヒラメ釣りもシーバスもすべてこれ一本でイケます!フロロカーボンリーダーの最高傑作!

大概のリーダーなどラインの強度を表すとき最大値を表記しますが、このグランドマックスは実強力で表記していることからもその強さとメーカーの自信が伺えます。

ヤマトヨテグス ナイロン ショックリーダー

シーバス用ですがヒラメ釣りにも使えるナイロンリーダー。バラシ対策で伸びるリーダーにする場合はこちらがおすすめです。

さすがにフロロよりも傷つきやすいですが、このヤマトヨテグスのナイロンリーダーは安いので、釣行ごとに少しでも傷がついているなと感じたらすぐに交換すれば財布にも優しく効果も望めます。