例年より早く初物サクラマスの釣果報告福井県日野川

天然のサクラマスの生息地として有名な福井県鯖江市を流れる日野川で今シーズン初となるサクラマスが釣れました。きれいな水を好む繊細な魚種のため、日野川で天然に出会えるということは歴として清流であることの証明でもあり、地元の関係者らは誇らしく思っていることでしょう。

初物のサクラマス釣果の報告を受けたのは鯖江市石田下町の日野川漁業協同組合。シーズンの到来を告げる良い知らせにサクラマス釣りを楽しみにしていたアングラーたちは期待を寄せています。




画像:

例年に比べると釣れた報告が早く、今年のシーズンは期待が高いとしているけど、例年と比べてどれくらい早いのかどうかがわからないので、本当に期待していいものやらどうやら何とも言い難いのですが…。

初物サクラマスを釣り上げた釣り人は名古屋在住の釣り歴30年のベテラン中村英樹さん(50歳)。4年ほどまえからサクラマス釣りをしに、ここ福井県まで訪れるという気合の入れよう。

ですが、そんな中村さんもこの場所でサクラマスに出会ったのは2年前を最後にぱったりだったそうで、今年に入りついに完全復活!

ルアーを使用して、体長54センチのサクラマスを釣りました。朝7時ごろから入水し9時ごろに石田橋下流の左岸で釣れたそうです。