テキサスリグ

テキサスリグ
元々はブラックバスなどの湖・川での釣り用に海外で生まれた!?らしい簡単で飛距離をかせぐために有効な仕掛けです。

ベイトのいる場所が遠いと感じた時や、波風が強いときなどに威力を発揮する遠投性能に優れており、根がかりする率が高い場所に使うことが多く、ズル引き、ボトムバンピングなど操作がしやすいためルアーでチヌ(クロダイ) 釣るチニングにはおすすめの仕掛けです。

風が強いときやカバー撃ちに威力を発揮!

前に紹介していたボトムずる引き用ダウンショットリグと同じような構造ですが、これは専用の弾丸型をしたバレットタイプと呼ばれるシンカー(おもり)を使い、針とラインを直結します。

真ん中に穴が開いてラインを通すようにできていて専用のこのシンカーです。

真ん中に穴が開いているのなら投げ釣りとかで使われている丸型や円盤などでもいいのでは?とお思いの方もいらっしゃると思いますがこの専用のこの形がこの仕掛けにする意味を持ちます。

おすすめはコチラ▼
バレットシンカー



ほかのなすび型や丸型では、同じやり方でも飛距離が変わってきます。

ロッドを後ろに傾けた際にラインにそってシンカーが一旦ロッドの方向に移動し、振りぬいた瞬間にフック側へスパっと移動して奥へ飛ばしてくれます。

ただ、これも底に着いたときに並行姿勢を保てる、もしくは浮くタイプのワームにすると、ズル引きしたときにまともにアピールさせやすくなります。

おすすめはコチラで紹介しています。▼


MKリグ(マッキンリグ)

マッキンリグ

ゼロダン リグ


Oリグ(改良版)


ネガカリノタテ 自作