シーバスの釣りやすい時期&釣りにくい時期、春夏秋冬別に理由と釣り方解説

シーバス釣り・時期

釣りやすい時期がある!だけで、年中釣れる魚

シーバスは年中釣れる魚なんです。もちろん夏も、冬でも釣れます!!「時期」=「釣りやすい季節」であって一年を通して見てみると、シーバスのように年中釣れる魚もいるわけです。

ただ、季節が変われば気温ももちろん水温も違うわけで当然シーバスの居つくポイントも変わってくるので、ものすごく釣りにくいシーズンがあったり一年中、一定の割合で釣れるわけではないだけです。

だからそれらをひっくるめて「シーバス釣りは年中釣れる」という人がいますが、ここではもっとも釣れやすい「時期」から順にスポットを当ててシーバスの春夏秋冬をお話しします。

先に、シーバスにおいて”釣りやすい時期”2大ハイシーズンの”春と秋”をお伝えします。

シーバスの2大釣りやすい時期

釣りやすい季節=それがいわゆる”ハイシーズンなわけですが、のっけから最初にタネ証してしまいますけど、シーバスの時期 (釣れやすいハイシーズン)はズバッと、春と秋です!!

先に、シーバス釣りにおいて”釣りやすい時期”まずは”春”をお伝えします。

春の時期のシーバス釣り

春シーバスイメージ
春も紛れもなくシーバスのよく釣れるいい時期に入ります。

この時期のシーバスは非常にセレクティブで、よく効くバチパターンなど、アピールが弱く小さいベイトを好みます。よって選択するルアーも小さめのものを選ぶので、小さく軽いルアーでもよく飛んで操りやすいロッドを用意するのがこの春の時期のシーバスを攻めるカギになります。


春の時期のベイトパターン
/ 主なポイント 主要ルアー
バチパターン(2~4月) 河口・湾奥・堤防 ペンシル、ワーム
イカパターン(3~5月) 湾奥・堤防・サーフ ミノー、シンペン
稚アユパターン(3~5月) 河川・河口 ミノー、シンペン、バイブレーション




春に最強のおすすめルアー
春先は稚鮎に小イカなどシーバスが捕食しているベイトが小さく、ルアーに対してもサイズに非常にセレクティブになっています。そのため小粒のルアーが有効になる場面が多いです。そのためこのような小さめサイズでただ巻きでも使え、サスペンドなのでストップ&ゴーも出来るこれが使い勝手が良くて春のシーバスおすすめルアーです↓
アイマ K-太58 サスペンド

次の章では最もシーバスが釣れる時期になるハイシーズンの秋について詳しくお話します。

秋の時期のシーバス釣り


秋はシーバスシーンにおいて最もハイシーズンな釣りやすい時期に入ります!

俗にシーバス釣りの上手な人から言わせると「投げときゃ釣れる!」時期だとも聞きます。

この時期は、湾奥でも河川でも、もちろんメインベイトとなるコノシロや落ちアユのサイズも大きいいのが特徴で、
サイズの大きいランカークラスが多く狙えるのが最大の特徴です。

秋の時期のベイトパターン
/ 主なポイント 主要ルアー
コノシロパターン(10~1月) 河口・湾奥・堤防 ミノー、シンペン、バイブレーション
落ちアユパターン(9~11月) 河川・湾奥・堤防 ミノー、シンペン、バイブレーション
サヨリパターン(9~10月) 港湾部・堤防 ミノー、ペンシル



秋の時期のおすすめシーバス・ルアー

おすすめ
メガバス コノシラス

秋の時期の河口や港湾部でみんなが行きやすいポイントで群れにあたれば数釣りも期待できるコノシロパターン

このときにおすすめするルアーがこのような103mmと大きめで33gという重量。

コノシロパターンは水面直下で群れを確認することが多いが、その群れの下のレンジも探ってみる必要がある。そんなんときはよく沈みコノシロに似た形状のルアーでできる限り波動の強めのバイブレーションが良いのでこれならもってこい

おすすめ
ガンクラフト ジョインテッドクロー 178F

ブラックバスのビッグベイト用として数多く実績を残すジョイクロ。
これはダイワとのコラボで生まれたソルト用に開発されたもの。

シンキングとフローティングがあるが、最初の一つとして選ぶならフローティングがあれば十分
私は2種類のカラーを所持しているがどちらもフローティングタイプ。

ベイトの大きくなる秋口ならではのコノシロや落ちアユパターンとして使いたいので、148と178の二種から
大きさを選択するなら迷うことなく178を選んでほしい。148ならほかのミノーでもいい。

自重が56gもあるルアーなので、その重さのルアーに耐えられるロッドが必要です。ビッグベイトはパワーのあるベイトタックルがおすすめ。ちなみ自分もこの秋のビッグベイトの時期はベイトタックルです。

秋の時期のおすすめシーバスロッド

おすすめ
ダイワ ラテオ 96ML・Q
実際コノシロパターン狙いで河口に行くとベイトを確認できてもけっこう遠くて届きそうな位置ではないこともある。

そんなときに欲しい「あともうちょっと」の飛距離は9フィート6インチのロングレングスロッドが叶えてくれる。

取り回しとか操作性で言うなら8.6フィートクラスでも十分だが、大河川とか外洋に面した港湾では飛距離重視のロングロッドは必須。1本もっていても損はしない。


シーバス釣りで釣りやすさ△!!”夏”の時期

夏シーバスイメージ
画像:Pixabay

夏の時期のシーバス釣り

夏は気温も水温もあがりシーバスの活性も高くなる時期。
清々しい陽気を浴びながらのデイゲームが楽しめるのもまたこの時期だけの特権

その分暑い夏を乗り切るのにシーバスも流れがあり酸素の多い場所に身を潜めていることも多いので場所選びもキモになる。だがまずはベイトの居着いているポイントを探せばいいしベイトの群れも水面に出やすい時期なので見つけやすい。

シャローでトップでの釣りが成立するのも夏の6月終盤~9月にかけて時期なので、ほかの時期ではできない釣り方でも釣れる時期なのでぜひこの時期にチャンレンジしてほしい!

夏の時期のベイトパターン
/ 主なポイント 主要ルアー
イナッコパターン(10~1月) 河口・湾奥・堤防 ミノー、シンペン、バイブレーション、スピンテールジグ
イワシパターン(9~11月) 河川・湾奥・堤防・サーフ ミノー、シンペン、バイブレーション、スピンテールジグ


夏の時期のおすすめルアー

ベイシックジャパン メタルマスター
ほかにもおすすめはたくさんあるが、夏の時期にシーバス釣り初心者の方に一番おすすめするのが鉄板バイブ!

デイゲームでの高速巻きやリフト&フォールなどの釣れるメソッドから、夜のボトムレンジ攻略にも使えるので初心者に最も大事な「釣れる楽しさ」を味わううえで非常に有効なルアーなのだ。

ミノーやシンペンよりも扱いやすいのもメリット!
ベイシックジャパン Metal Master メタルマスター


シーバス釣りで最も”釣りにくい”冬の時期

画像:istock

冬の時期のシーバス釣り

シーバス釣りで激渋の極寒の時期に入ります。
いきなりこの時期からシーバス釣りを始める人は少ないと思いますが、慣れている人でも釣り好きは行くんですね~(笑)こんな厳しい時期だと知っていても釣れた時の喜びを味わうとまたほかの時期とは違った楽しみ方ができます。

この時期はアミパターンが主流になります。まだコノシロパターンも遅いところでは2月終盤までイケる時期であります。

シーバスが深場へ移動し産卵をする時期です。ただしベイトの有無さえ確認できれば河川や港湾部でも釣れる可能性は十分あります。

冬の時期のベイトパターン
/ 主なポイント 主要ルアー
アミパターン(11~2月) 河口・湾奥・堤防・サーフ ミノー、シンペン
ハゼパターン(10~12月) 河川・河口・湾奥・堤防 ミノー、シンペン、バイブレーション

冬の時期のおすすめルアー

アミは1匹1匹が非常に小さく、シーバスもこれらを周りの水ごと一気に飲み込みます。

ルアー選択でマッチザベイトを求めるとイメージは「小さなアミの塊」。7cm前後のクリア系のルアーがおすすめ。

これをアミの動きに合わせてゆっくりユラユラ引いてくる。
デュオ テトラワークス フラフラ
まだまだ水温が低く高活性とは言い難く、食い(アタリ)も弱いため、ハイプレッシャー時にも有効なローアピールのナチュラルアクションのルアーを選ぶのがキメテとなる。