釣りにライフジャケット!無い場合の危険性と購入前の種類とそれぞれの特徴

釣り人がするライフジャケットの存在。釣りに関する道具のの中には、釣り自体に直接関係がないものも多くあります。その中でも水に関わる事故から身を守るアイテムとして最も重要度の高いライフジャケットについて今もって考察します。

画像:PhotoAC

ライフジャケットが無い場合の危険性

画像:istock

釣り人の中でライフジャケットは軽視されがちです。大目に見て小型河川の陸っぱりなどならまだ許せる余地がありますが、最も身近な淡水では野池や海釣りでは防波堤などで釣りをするときにライフジャケットは必須です。

野池でも深い場所は2メートル以上水深があり、よっぽど泳ぎが達者な人でも何も着用しないでそんな水の中に落ちてしまったら溺れる確率が非常に高くものすごく危険です。

船の上でもよく着用していない人を見掛けます。格好を気にしているのかどうか若い子に多いです。そんな子たちを見ていると危機管理が甘く未熟な人だと思われ逆にカッコ悪いです。

絶対必要な場所

釣りに行くのにライフジャケットを着なくていい場所なんてありませんが、最も危険度が高く着用したほうがいい釣り場所の順に解説します。

 

オフショア

画像:Pixabay

遊漁船に乗場合には着用必須ですが、個人所有の船で出掛ける人にライフジャケットを着ない人がいます。とても危険です。大海原に投げ出されたら泳ぎ切れる場所に陸があればいいですが、多くの場合助けの船が来るまで海のド真ん中で救助を待つ必要があります。そんなときライフジャケットがなかったら…。怖すぎます。
 

防波堤・堤防

画像:PhotoAC

堤防なんて潮が引いたら2,3メートルも下に海面があり、さらに水深がその倍なんていう場所はザラにあります。その水中から這い上がってくることは、近くに係留船や何か掴まるものがない限りほぼ100%無理です!水の中で救助を待つ必要があります。自分のいる場所から5,6メートル下の水の中に落ちた自分を想像してみてください。それでも着用を拒みますか?
 

磯場

画像:PhotoAC

磯場では足を掬われるくらいの大きな高波がどこからともなく突然訪れることが稀にあります。あんな渦巻くようなうねる波の中に投げ出されたら水を飲んでしまいライフジャケットがないとほぼ浮いていはこれないでしょう…。
私の友人はあまり人の足の届かない珍しい磯場を地図上で探し崖を降りて行くような危険な場所にも行く人がいますがライフジャケットはしっかり着用しています。
 

ダム湖や野池

画像:Pixabay

釣りの安全装具の話は海釣りだけではありません。淡水魚釣りの湖や野池でも死亡事故が後を絶ちません。それらは危機管理の甘さからです。野池でも深いところでは4,5メートルなんて池もありダム湖に関しては少々の河川より深い場所も多数存在し、もっぱらエレキボートでのバス釣りでライフジャケット不着用とか危なすぎます。

種類とそれぞれのメリットとデメリット

画像:PhotoAC

ライフジャケットにはいくつかの種類があります。それぞれのメリットとデメリットも踏まえ特性をご説明します。

 

インフレータブルタイプ

インフレータブルタイプは後から空気を注入することで中を膨らませて浮かせる仕組み。浮き輪が中に入ってると考えるのがイメージしやすいでしょう。浮力を補うために必要なときだけ膨らませるので空気を抜いた状態では小さく折りたたむことが可能で持ち運びにも便利であり、釣りの最中にも邪魔にならないなどの利点があります。

これには自動式と手動式と二種類ありそれぞれに一長一短があり用途に合わせて選ぶ必要があります。そちらは下記で説明します。

 

自動膨張式と手動膨張式の違い

●自動膨張式
自動膨張式は水を感知し、自動的に備えつけのボンベから空気を充てんし膨らませることが出来るタイプです。不意に起こる落水時にでも自動で膨らむので慌てずに対処できることが最大のメリット。デメリットとしては大量の雨に当たると水感知機能が働いて誤作動を起こしてしまう可能性があることや、使用するまで実際に水に浸かりちゃんと作動するかどうかを試すことが出来ないことなどが挙げらます。万が一落水しても作動しなかった時のために手動で引っ張る紐がついているものがほとんどです。

●手動膨張式
手動式のインフレータブルは文字通り、自らの手で膨らませる動作をする必要があるものです。紐を引っ張るだけで膨らみます。自動式と異なり水を感知する機能が付いていないため自動式よりも安価に購入できることがメリットといえます。デメリットは逆に落水などは本人にも予測できない不意に起こるもので、水の中で手動で膨らます作業を冷静に行えるかどうかに不安があります。お子さんに着させるライフジャケットは自動式または下記の固定浮力体タイプがおすすめです。

 

固定浮力体タイプ

固定浮力体(多くはスポンジ)が中に埋め込まれているタイプです。ウェーディング時に着るウェーディングベストの多くはこのタイプです。おしゃれな外観のダウンジャケット風のものもあります。メリットは実際に水に浸かり浮力を試すことが出来、自動式のインフレータブルと同じく不意の落水時にも安心感がもてることがメリット。最大のデメリットはその厚み。どうしても大人用であればその重量を浮かせるために必要な浮力体が備わっており釣りをしている最中にロッドが胸元や脇に当たるなど邪魔だと感じます。

形状タイプとそれぞれのメリットとデメリット

 

ウエストタイプ

画像:Il Pescaria

腰に巻くベルトタイプのもです。インフレータブル式です。自動式と手動式とどちらもあります。一番コンパクトで釣行に際して釣り自体に影響を受けないことでライトな釣りに向いています。

 

ショルダータイプ

画像:Il Pescaria

インフレータブルで両肩から左右胸元へと伸びているタイプで背中で固定してます。ウエストタイプと同じく自動式と手動式があります。むやみに着ている服装を邪魔sせず、比較的デザインも豊富で釣りファッションの一部としても使えるので腰だけでは心細いという方やお子さんや女性におすすめ!

 

ジャケット(ベスト)タイプ

画像:Il Pescaria

ジャケット(ベスト)タイプはほぼ浮力体が入った固定タイプです。上から羽織るだけで機能します。真冬の釣りなど防寒のため服がかさばるなどどうしようもない時、防寒も兼ねて一番上から羽織るようにすると超便利がいいので、冬場の釣りに重宝します。

まとめ

ライフジャケットも身に付ける着けないかは個人の自由です。ただたった1万円そこらのライフジャケットケチっただけで命を落としてしまったら元も子もありません。しかも誰にも迷惑を掛けないのならまだしもあなたの不注意で起こした事件が元でその釣り場が立ち入り禁止などになってしまったら…。

釣りも健全なアウトドアのひとつ。屋外で楽しむ趣味には危険がつきもの。快く楽しむための安全対策は忘れてはいけません。ルールというよりは大人のマナーでしょう。
そのためライフジャケットは軽視されがちですが、着用は釣りにおいて必須アイテムなのです。